読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1254858
0
一生使える! オーラの本 オーラがわかれば人づきあいがラクになる
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第三章 オーラセンスを磨く6つのワーク

『一生使える! オーラの本 オーラがわかれば人づきあいがラクになる』
[著]松下仁美 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


まず、自分に「許可」を与えましょう!



 自分がこの世に存在していないと信じているものを見ることは、なかなか難しいものです。例えば自分の本棚の中から「赤い表紙のあの本、どこへ行ったかな?」と探しているのに、なかなか見つからなかった、そんな経験をしたことはありませんか?なぜでしょう。答えは簡単! 赤い表紙だと思い込んでいただけで、探していた本は本当は白い表紙だったからです。


「はじめに」でもお断りしたように、「オーラが観える」レベルには様々な段階があります。けれども、それ以前の前提として、「オーラは存在する」ことを受け容れ、それを観ることを自分に許可することが実はとても大切なのです。未知なる世界に対して緊張せずに、オープンな気持ちでご自分を開いてください。ワークを始めるに当たって必要なのは、この心構えだけです。


オーラリーディングレベル その6つの段階


オーラリーディングレベル0


 オーラの存在そのものを否定している状態です。オーラなんて存在しない! と否定的に考えている方が該当します。オーラは「見る・視る」ものではなく、「観る」ものなのです。色や形が見えないなら本物じゃない! という先入観を捨てることが大切です。


オーラリーディングレベル1


 オーラの存在は肯定しているのですが、実際に視覚的に「視る」ことと「観る」ことの違いはまだ理解できていない状態です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3061文字/本文:3640文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次