読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1254859
0
一生使える! オーラの本 オーラがわかれば人づきあいがラクになる
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第四章 今すぐチャレンジ!あなたのオーラのためにできること

『一生使える! オーラの本 オーラがわかれば人づきあいがラクになる』
[著]松下仁美 [発行]PHP研究所


読了目安時間:25分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


色のエネルギーをチャージ 9色のTシャツの意外な効果



 オーラの色を整えるのに大変効果の高い方法として私がよくお勧めしているのは、基本のオーラカラーである9つの色のTシャツを揃えることです。試しに今、あなたのクローゼットの中身を点検してみてください。灰色、黒、白、などモノトーンで統一されていたり、緑、黄緑、黄土色、茶色など、渋いアースカラーが主流であったり、ブルー系のストライプのものがほとんど、といった具合に意外と似通った色の服ばかりが並んでいる方が多いのではないでしょうか。



 たいていの人は自分のオーラの色を身に付けていると心が落ち着くため、自分のオーラカラーに近い色を無意識に選んでいることが多いのです。ですから、オーラの色が求めている課題をクリアし、別の色のオーラに変化した時には、今まで着ていた服がなんとなく心にフィットしなくなり、別の色を着てみたいという気持ちになることもあります。




 そこで、今までの自分なら決して選ばないような色を含む9色のTシャツ(Tシャツでなくても構いません)をまず揃えてみることをぜひ、お勧めします。9色と言っても、その色には微妙な差があります。同じ赤でも自分の肌をくすんで見せる赤と、明るく見せる赤がありますから、着た時の気持ちが晴れやかになるように、色を選ぶ時には顔映りの良いものを選ぶように心がけてくださいね。


 シンプルながら、思いがけない大きな効果を持つ9色のTシャツ効果。その幾つかの面白い利用方法をご紹介しましょう。



 色のテーマに合わせて着てみる


 第一章で、オーラカラーそれぞれのテーマをご紹介しました。このように、色にはそれぞれのテーマがあります。例えば赤ならば生命力、緑ならば調和、といったように。テーマとはそれぞれの色の持っているエネルギーの作用とも言い換えることができます。もしもあなたがその日、大切なスポーツの試合を控えていたり、他社に出かけて行って強いインパクトを示して自社企画のプレゼンテーションを行わなければならないような時ならば、何よりもエネルギッシュな生命力を与えてくれる赤を選びましょう。




 対立する意見が分かれて互いが譲らず、なかなか進まない会議をなんとかまとめて結論を出さなければならないような時には、調和をテーマとした緑を身に付け、そのテーマを強く意識した言動をするように心がけてみましょう(改まった場面でTシャツを着ていくわけにはいかないような時には、その色のネクタイやスカーフなどでも構いません)


 大切なのは、その色が常に視界に入って来て、視覚的な刺激を一日中あなたに送ってくれるようにすることです。そのことによって常に「今日の自分のテーマ」を意識し、その役割を果たすポジティブなエネルギーがその色から自分に取り入れられていることを感じることができるからです。



 直観でその時着たい色を着る


 よく、アロマテラピーの講座などでも自分に必要な香りを一つ、生徒さんに選んでもらうのですが、その時にその香りを「好き」かどうかは大変重要なポイントになります。というのは、たいていの場合において、「好き」な香りはその時その人に必要な香りであることが多いのです。今までは自分の好みで似たような傾向の色の服を揃えていたあなたが、新しく加わったワードローブの色の中でふと「今日はこの服を着てみようかな」と、いつもとはひと味違う色を好ましく感じたら、それはチャンスです。ぜひ、積極的に試してみましょう。その服を着ている間、きっとその色があなたのオーラを整えるために必要なエネルギーを与えてくれることでしょう。



 今まで敬遠していた色を敢えて着る


 こうして9色のTシャツを揃えて、その日のニーズや直観で選んでいくと、どうしても出番の少ない服、ほとんど着ない服というのが出て来ます。着る回数の少ない色というのは、実はあなたの課題を表わしています。ぜひ、第一章に戻って、その色のテーマや課題、傾向などについてもう一度よく読んでみてください。そこにはあなたがオーラのバランスを整えるためのヒントがたくさんあるはずです。それを認識するだけでも、あなたの意識が変わり始めます。



 けれども、だからと言って自分がどうしても苦手とする色のTシャツをムリして着る必要はありません。そのカラーのテーマや課題を知り、自分の弱点として克服しようとする中で、ふと「着てもいいかな」という気持ちになった時、袖を通してみてください。おそらく、以前よりもずっとその色を纏っている気持ちが楽になっている筈です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:10155文字/本文:12023文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次