読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1255698
0
[新装版]美しい人に
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
幸せの大きさ

『[新装版]美しい人に』
[著]渡辺和子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 現在人智の発達は驚くほどで、人類が長い間夢見ていた月にもその足跡がつけられ、さらにすばらしいことには、そのありさまを同時に地球上で茶の間の中で見ることができる世の中になりました。日本について考えてみても戦後の復興はめざましく、今や経済大国として世界に勢力を持ち、その教育の普及度、高さにおいても世界有数の国と数えられるようになっています。

 ところで世界的な文明の発達、また日本における繁栄をただ手放しで喜んでいいかというと決してそうでありません。文明の進歩と矛盾するきわめて原始的な生活、野蛮な行為が横行し、繁栄とうらはらの精神的な貧しさが今日世界に見られるからです。ある人が言ったように、数人の人間を月の世界に無事に送りこんだものの、当の地球上においては暗い夜道を、それどころか白昼の街を人間が安全に歩くことさえ保障されていないという矛盾があります。一九一二年にノーベル賞を受けたフランスのアレキシス・カレル博士が、その著『人間 この未知なるもの』の中で、
「近代文明が進めば進むほど、人間は不幸になってゆく。これは近代文明が、ただ好奇心のおもむくままに無軌道に発達しているからである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4107文字/本文:4601文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次