読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1255877
0
逆境こそチャンスなり! 心を強くする名指導者の言葉
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3章 経営と金

『逆境こそチャンスなり! 心を強くする名指導者の言葉』
[編著]ビジネス哲学研究会 [発行]PHP研究所


読了目安時間:24分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


一円(きざ)みでものは考えなければならない。一円ですよ、勝負は

鈴木(すずき) (おさむ)
(1930〜)
スズキ会長兼社長


 鈴木修(旧姓は松田)は一九三〇年に岐阜県下呂(げろ)町(現在の下呂市)で生まれた。一九五三年に中央大学法学部を卒業すると、中央相互銀行(現在の愛知銀行)へ入行。一九五八年にスズキの二代目社長の鈴木俊三の娘婿となり、スズキへ入社。一九七八年に代表取締役社長に就任し、二〇〇〇年からは代表取締役会長も務め、三十年以上にわたってスズキの経営を指揮し、見守ってきた人物である。
「日本を代表する自動車メーカーの社長が、たかが一円に目くじらを立てるなど、なんとケチ臭い」などと思ったら、すぐにその考えを正すべきだ。日本を代表する自動車メーカーの社長だからこそ、一円の大切さ、恐ろしさを知っているのである。

 スズキの従業員数は、関連会社を含めると五万人以上。もしこの全員が一円の浪費をしたら、一日五万円、一年ではなんと一八二五万円もの金をドブに捨てることになる。一円なら「たかが」といえるかもしれないが、一八〇〇万円となれば「たかが」といえるだろうか。

 会社の従業員にとっては、「気前のよい経営者」の方が喜ばしいものだ。しかし、社会という単位で見ると、気前のよい経営者の会社はやがて自滅することになる。

 一度気前をよくしてしまうと、(経費や接待費の金額や給料の査定などを)後から厳しくするのは至難(しなん)の業である。高待遇に慣れた従業員は不平を言い、優秀な人材は離れていく。こうなれば、会社が今までどおりのような業績をあげ続けることができるか、大いに疑問である。

 だが、不平や離職を阻止しようと待遇を維持すれば、会社の経営状態は確実に悪くなる。つまり、ひとたび気前をよくしてしまったら、待っているのは「経営の地獄」ということだ。
「目先の評判がほしい」という経営者の気持ちもよくわかる。しかし、会社の存続と発展に責任のある立場だからこそ、それだけは絶対にやってはいけないのである。

計算できない人もだめだが、計算ばかりやっている者もだめだ

伊藤雅俊(いとうまさとし)
(1924〜)
イトーヨーカ堂創業者


 伊藤雅俊はイトーヨーカ堂の創業者だ。流通大手の創業者の言葉とは思えないものだが、それにはイトーヨーカ堂の成り立ちと、伊藤が商売の師と(あお)いだ母・ゆきと兄・譲の存在が大きいようである。

 イトーヨーカ堂は、一九二〇年に伊藤雅俊の叔父・吉川敏雄が浅草に開いた「羊華堂洋品店」がルーツになっている。この羊華堂洋品店が大繁盛して店舗を三つに増やし、そのうちの一店を雅俊氏の兄・譲が切り盛りしていた。

 市立横浜商業専門学校(現在の横浜市立大学)を卒業した雅俊は、商売にはまったく興味を示さず、三菱鉱業(現在の三菱マテリアル)に就職した。その後、陸軍幹部学校に入校し陸軍士官を目指したが、敗戦を迎えたため三菱鉱業に復帰したのだった。

 羊華堂洋品店は空襲で焼けてしまったものの、ゆきと譲は戦後すぐに足立区で商売を再開。その翌年、雅俊も店を手伝うようになった。業績が右肩上がりになっていく中で、譲が体調を崩し、雅俊が社長に就任(一九五六年)。そして、一九七一年に社名を現在の「イトーヨーカ堂」に改称した。雅俊は後年、次のように語っている。
「母と兄は、私にとって商人の(かがみ)であり、師であり、商人の道、人の道を教えてくれた。『お客様は来てくださらないもの』『お取引先は売ってくださらないもの』『銀行は貸してくださらないもの』という商売の基本を教えてくれたのも母だった。だからこそ、いちばん大切にしなければならないのは信用であり、信用の担保は人間としての誠実さ、真面目さ、そして真摯(しんし)であること」

 商売にソロバン勘定(かんじよう)は不可欠である。だが、ソロバン(お金)だけでは誠実さや真面目さは得られない。それを得るためには、やはり人間関係を大切にすることが欠かせない。どの企業も生きるか死ぬかの瀬戸際にある現在だが、商売の基本の誠実さや真面目さを捨ててまで生き残ろうとするのは、果たして正しいことなのだろうか。

 そんなことを改めて思い返す、きっかけになる言葉ではないだろうか。

わずかも道徳と経済と相離(あいはな)るべからざるものである
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:9854文字/本文:11625文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次