読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1256919
0
「みちひらき」の魔法
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
序として

『「みちひらき」の魔法』
[著]佳川奈未 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「みちひらきが起こると、すべてが奇跡に満ちる!」
〜いつも順風満帆な人は、あたりまえのことを大切にしている


 この「みちひらき」という言葉を、聞きなれない方もおられることでしょう。「みちひらき」とは、“お導き”を受けて、人生を開花させることです。

“お導き”があるおかげで、人は行く手をひらかれ、スムーズに道を歩くことができ、より良い場所にたどり着くことができるのです。


 では、この“お導き”とは、いったいどこから、誰から、やってくるのでしょうか?


 それは、神様という“目に見えない領域からのエネルギーの働き”からや、人さまからや、自分の心からも、なんらかの出来事や、いまそこにある環境からもやってくるものです。


 この“お導き”にうまく乗っていくと、自己実現し、夢が叶い、幸せと豊かさと成功に満ちた「本望の人生」が自然に現れるようになります。


 その途中経過では、シンクロニシティ(共時現象)や、円滑現象(物事が(とどこお)りなく進む現象)が起こり、ハッピーフロー(幸運の流れ)に入ります。

 そして気がつくと、いつのまにか“順風満帆な人生の中にいる”ということになるのです。


 とにかく、“お導き”により、「みちひらき」が起こると、あなたの望む人生や歩くべき道が、自動的にポンッと目のまえにひらかれるので、スイスイ楽にまえへ進めるようになります。


 すべてがみるみる良い方向にいき、みちがえるような人生となり、びっくりします!

 しかし、そのみちがえるような人生は、なにも突如、与えられることになったのではありません。

 それは、本来、最初からあなたに与えられるべき“神徳に満ちた人生”であり、もっと早く手にしてもよかったものなのです! 生まれるまえから、約束されたものだったのです!


 しかし、人は、いろんな悩みごとや、頭打ちになるような考えや、ネガティブで後ろ向きな思考のせいで、そんな素晴らしい人生を手にするのを遅らせていることがあるものです。


 心を閉ざしてしまうことで、目のまえの道をも閉ざし、進むべき方向を見失ってしまうのです。


 けれども、そういったことを解消し、「みちひらき」の“お導き”を受け、約束されていたものを、いまこそしっかり手にする方法があります。


 それは、“心をひらく”ことです!


 心をひらくことで神様とのエネルギーのパイプができ、あらゆるサポートをそのつど受け取れるようになるのです!

★言葉で「みちひらき」が叶う


 さて、この本は、言葉をきっかけにしてあなたの「みちひらき」が起こることを願って書いたものです。

 いま心を閉ざしかけている人や、なにかに思い悩んでいる人はもちろんのこと、さらに幸せになりたいという人や、よりよく生きるヒントがほしいという人たちにも、お読みいただけるとうれしいです。


 どこから読んでいただいても結構です。気になるページから読み進めてみてください。


 もし、この本の中で、自分にとっての「みちひらき」につながる言葉に出逢ったとしたら、あなたはすぐにそれとわかることでしょう。


 というのも、そういう言葉はたいがい、あたたかく心の中に入ってきたり、ジーンと感動したり、優しい気持ちになったりするからです。

 また、うまく背中を押してもらえたり、やる気になったり、元気になったりするからです。あるいは、涙があふれてきたり、ちょっと痛いけれど目が覚めたような感覚をくれたりするからです。


 そんな言葉に出逢ったとき、きっと心は瞬間的にひらき、素敵な「みちひらき」を自然に叶えていることでしょう!


 そうなると、しめたものです!


 あとはあなたの人生にいいことが押し寄せてくるのを、ただ、よろこんで受け取るだけでいいのですから。

2013年 3月 神様は、あなたに特別な幸運を用意している
ミラクルハッピー 佳川 奈未
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1564文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次