読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1256921
0
「みちひらき」の魔法
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
奇跡のための特別章《前編》

『「みちひらき」の魔法』
[著]佳川奈未 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


★すべてがよくなる! 「みちひらき」の魔法


 この「みちひらき」という言葉にわたしが最初に出逢ったのは、三重県伊勢市にある「猿田彦(さるたひこ)神社」に、初めてお参りさせていただいたときのことです。


 当時、わたしは仕事のやり方や、人間関係や、生き方に、行き詰まりを感じ、「この先の人生を、どのように歩いていけばいいのだろうか」と、思い悩んでいました。

 と、同時に、「ずっと輝いていたい!」「心からの幸せと、本当の意味での成功の道をひらいていきたい!」と、さらなる飛躍をも求めていたのです。

「それにはどうすればいいのか」と、とにかく、まずは自力でやれることのすべてをやりきったあとのわたしは、ひらききらない扉のまえで煮詰まってもいました。


 人は、自分の選んだ道を進めなくなるのが一番辛いものです。


 わたしは、「このままではいけない!」と、打開策につながる良いヒントを見つけるべく、伊勢に神様参りの旅に出たのです。そして、伊勢神宮に行ったあと、偶然、猿田彦神社に導かれたのです。


 猿田彦神社には、物事の最初にご出現なされる神様で、万事すべてを良い方向に導いてくださるという、「みちひらき」の神様である猿田彦大神(さるたひこおおかみ)様がおまつりされていました。
(猿田彦大神様は、天孫降臨の際、「天」と「地」の間にある“いくつにも道が分かれていて進みがたい難所”であるとされている「(あめ)のやちまた」に待ち迎え、天照大御神(あまてらすおおみかみ)の孫〈天孫〉である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を高千穂にお導きされた神様。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2829文字/本文:3486文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次