読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1257307
0
彼がもう一度、あなたに夢中になる方法
2
0
2
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
復縁は悪いことではない

『彼がもう一度、あなたに夢中になる方法』
[著]浅海 [発行]二見書房


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ


 こんな声をよく耳にします。

「彼が幸せなら、潔く身を引くべきでしょうか?」

「彼との復縁を願うことが、本当に彼のためなのでしょうか?」


 彼の気持ちを考えれば考えるほど、復縁を望むのは悪いことなのではないか、と思い悩んでしまうのです。


 確かに、相手が望んでいないことをしようとするのは、迷惑なことのように思われますよね。自分の気持ちを一方的に押しつけているように感じてしまうのも分かります。

♥     ♥     ♥


 ただそれは、あくまでも「彼が復縁を望んでいない」という前提での話。


 復縁したいのであれば、大切なことは「彼にも復縁を望ませる」ために何をするか、なのです。

♥     ♥     ♥


 今、彼はあなたを拒絶している状態かもしれません。


 拒絶の理由は、あなたとのお付き合いの中で嫌な思いをしたとか、ほかに気になる女性がいるなどいろいろあると思いますが、単に「今、この瞬間は復縁を望んでいない」に過ぎないのです。


 だからといって、これからも同じかというと、そうとは限りません。あなたをまた好きになる可能性は十分にあるのです。


 距離を置かれている状況から、徐々に彼の気持ちを自分に向かせていく、それが「復縁のための行動」です。


 今後、彼の気持ちがあなたへ向いてくれば、当然、彼はあなたとの復縁を考えるでしょう。その状況でも、まだあなたは「悪いことをしている」と思うでしょうか? おそらく何も考えず、彼の胸に飛び込むことでしょう。


 そして、楽しいお付き合いが再開できたとき、彼はあなたに言うでしょう。

「あのとき、お前とやり直してよかった」と。


 こんな言葉をくれるかもしれない彼を諦めてしまうとしたら、そのほうがよほど悲しいことですよね。


 分かり合えさえすれば、ベストパートナーになり得る二人なのです。


 それなのに、ちょっとしたすれ違いがもとで、そのまま離れ離れになってしまう。やり直せる可能性があるのに……。


 私は、そういう後悔をあなたにはしてほしくないのです。


 もう一度やり直せる可能性があるのに、しかもやり直したいとあなたは思っているのに、怖くて動けずにいる。今動かなければ、きっとこの先、後悔してしまうことでしょう。

♥     ♥     ♥


 本当に彼のためを思うのであれば、あなたを愛して、愛したはずなのに別れてしまった自分に嫌気がさし、傷ついている彼を救ってあげるべきではないでしょうか。


 せっかくお互いに好きになってお付き合いをスタートさせたのに、徐々にあなたへの愛情が薄れていった彼も、あなたとの別れを経験したことで傷ついています。

「オレは冷たいヤツなんだろうか?」

「あんなに好きだったのに、愛してもらったのにな……」

「大切にするって言ったのに、裏切ってしまった。悪いな……」


 ここは忘れないでくださいね。彼も心が痛いのです。


 しかし、あなたが復縁のために動くことで、彼は再びあなたを好きになるでしょう。


 もう一度あなたとやり直すことで、彼の傷も癒え、前より幸せなお付き合いだってできるのです。

♥     ♥     ♥


 復縁を望むことが悪いのではありません。


 彼に迷惑をかけるとすれば、それは復縁のための方法が悪いからです。そこを勘違いしないでください。


 無理やりどうにかしようとするのではなく、彼の気持ちを徐々に変えていくのです。あなたをもう一度好きになってもらうのです。


 一度は愛し合った二人です。あなたに対するマイナスの感情が薄れていけば、あなたは彼の理想の女性なのです。


 復縁を願う気持ちは悪くありません。復縁のために行動することは、非難されるものではありません。自信を持って、復縁に前向きになってください。


 そして、本当に彼のことを考えるのであれば、今度こそあなたが、彼を幸せにしてあげてくださいね。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:0文字/本文:1564文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次