読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1257553
0
性格の研究
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
リンカーン――正義感にあふれた政治家

『性格の研究』
[著]木原武一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


   エブラハム・リンカーン(一八〇九―六五)。アメリカの第一六代大統領。奴隷解放と南北戦争、そして暗殺で有名。アメリカの歴代の大統領のなかで、おそらくもっとも有名で、もっとも人びとから尊敬されている大統領であろう。また、もっとも多くの伝記が書かれた「偉人」でもある。ここではアメリカの詩人カール・サンドバーグが書いた長大なリンカーン伝をもとにした。


 正反対の二面性を持つ

「人類の物語のうちで、鋼であるかと思えばビロードでもあり、岩の如く堅固かと思えば流れる霧のように柔かであり、その心情と思惟において、恐ろしい嵐と、筆舌に尽し難いほどの完全無欠な平和という、二つながらの矛盾を内蔵している人間――そのような人間がこの地上に降り立ってくるのは、むしろ稀有なことに属しましょう」

 カール・サンドハーグは、リンカーンの姿をこのような詩的な言葉で描いているが、たしかに、数々の伝説でいろどられたこの「偉人」には、相反する面がいろいろ共存していて、タイプの判定は容易ではない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2945文字/本文:3379文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次