読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1257959
0
宇宙で唯一の“魂のパートナー” 「ソウルバディ」と本当に結ばれる方法(大和出版)
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Chapter4 エネルギーで繋がるためのサイン

『宇宙で唯一の“魂のパートナー” 「ソウルバディ」と本当に結ばれる方法(大和出版)』
[著]ファシーカめい [発行]PHP研究所


読了目安時間:33分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


すべてのモノに
エネルギーは作用している



 物質も生き物もすべて波動を持つエネルギーです。



 たとえば、ふと人の気配がして振り向くと、知らない間に誰かが側にいた、入ろうと思った店の雰囲気がなんとなく嫌で入るのをやめた、などの経験は誰しもあると思いますが、これらはエネルギーを感じ取っている証拠なのです。神聖な場所に行くと、凛とした空気を感じる、森を歩くと気分がすっきりする、これも同じです。



 まずは練習として、意識的にエネルギーを感じてみるといいかと思います。


 とくに植物は優しいエネルギーを放出しているから、声をかけながら葉っぱにそっと手を近づけてみるといいですよ。心の中で語りかけると、植物は惜しみなくエネルギーを分けてくれます。


 しばらくしてから、掌を見てみると、白い斑点のようなものが見えると思います。白い斑点が出ていたら、エネルギーがまわっている証拠です。



 私は以前、大勢の人の前で話す仕事をしていました。それで、聴衆のエネルギーをよく感じていました。面白いことに、集中して聞いてくれていると、そのエネルギーもこちらに向かってきます。逆に、ひとりひとりがバラバラの意識でいると、エネルギーは分散されます。


 エネルギーがこちらに向かうときには、エネルギーの循環の効果をよく感じられます。そのエネルギーは私に力を与えてくれるので、話しながら、次に何が求められているのか敏感に感じ取り、言葉も自然と口から出てくるのです。


 ところが聞き手のエネルギーが分散されると、こちらのエネルギーもなんとなく定まらず、次に何を話そうか頭を使うことになります。



 人間同士のエネルギーのやり取りは、あからさまに相互の気分に反映されます。心に嫌悪感が溢れているときに、必死で笑顔を作って人に会っても、ネガティブなエネルギーは伝わってしまって、相手もなんとなく嫌な気分になったりします。


 ネガティブな気分のときは人に会わないほうが無難です。愚痴を聞いて欲しいとか、元気をもらいたい気分のときもありますが、相手はエネルギーを奪われたように感じることもあるのですね。



 しかし自然は違います。嫌な気分だとか落ち込んでいるときは、まず自然のエネルギーを分けてもらえば大丈夫。太陽の光、緑の葉っぱ、自然水などのエネルギーを身体に満たしてから人に会ったほうがいいですね。


 自然のエネルギーと書きましたが、それは宇宙のエネルギー、そして愛のエネルギーと同じです。普段から宇宙エネルギーと繋がっていると、愛が身体を循環するので、人にもそれを分けてあげられます。


 その人がいるだけで雰囲気が柔らかくなるなど、会いたくなる人とは、必ず愛のエネルギーに溢れた人なのです。



 ソウルバディに出逢うと、徐々にそういう人になっていく傾向があります。なぜならば、ソウルバディとの出逢いにより、たくさんのアク抜きをした身体は、きちんと宇宙のエネルギーを流せるようになっているからです。


 他人からエネルギーを奪わなくても、自分ひとりで宇宙から「愛のエネルギー」をいつでも、どこでも調達できるようになるのです。


エネルギーの変化ですべては変わる



 波動は波のように振れるので、上下左右に幅ができます。その振幅内で重なるような波長の人と、私たちは出会っています。だからといって、気が合う人ばかりではありません。



 たとえば、「私」が「とっても意地悪な人」だと思っているAさんのことを、Bさんは「とっても優しい人」だと思っているとします。Aさんは人によって態度を変えていない、となると、これはどういうことでしょうか?


 これは、「私」とBさんが捉えているAさんの波動の位置の違いなのですね。Aさんの波動の高い部分に目線が合っているBさんからすると、Aさんはとても優しい人。


 一方、Aさんの波動の低い部分に反応している「私」には、意地悪な人に感じるわけです。



 つまり物事を捉えているのは自分なのです。物事のどこに焦点を当てているか、どこに自分が反応しているか、ということです。この場合、「私」が波動を上げれば、Aさんの波動の高い部分に目線が行きますから、「優しい人」として捉えられるのです。


 自分の波動の高い位置も低い位置も、同じように上げていくと、やがて今いる波動の範囲から出て行きます。意識がまるっきり別の場所に移動し、ステージが変わります。


 ステージは、徐々に変わるので、はっきり目に見えてわかるわけではありませんが、感じられる変化はあります。たとえば、


●異常に物事に敏感になる(悲しい映画などがつらすぎて見られない)

●これまで面白いと思っていたことに興味がなくなる

●好きだった友達とあまり会いたくなくなる

●競争心がなくなる

●食欲に変化が起こる

●知り合う人のタイプが変わる

●望んだことが現実になるスピードが速まる



 などです。とくに、波動が上がることによって、ネガティブな波動を身体が受け付けなくなると、悲しい映画だとか、争いごとを避けるようになってきます。食べ物も、身体に優しいもの、健康的なものを欲しがるようになります。


 引き寄せの法則により、似たような波長の人と引き合うため、波動が変化することで出会う人のタイプも変わっていくし、これまで付き合っていた人とも自然に距離ができたりします。そうすると、見える景色も変わるのですね。


 今の生活や人間関係に不満があるのだったら、相手や環境を無理矢理変えようとするのではなく、自分の波動を変えることで、暮らす世界も自然に変わっていくのです。


エネルギーが高まる効果



 波動が上がると、波動域自体も広がります。つまり、人間関係も見える景色も、広がる、ということです。



 大型書店を例に挙げると、たいていの人は、足を運ぶコーナーが決まっていて、興味がなかったり、生活に関わりのないコーナーは見向きもしません。


 波動が変わるというのは、ちょうど生活が変わって、本屋で足を向ける棚も変わってくるというのに似ています。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:13654文字/本文:16092文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次