読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1258503
0
子どもの心を伸ばすのはお母さん
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
テレビにかじりついてばかりいる

『子どもの心を伸ばすのはお母さん』
[著]山路鎮子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


  上手な見方を考える――


 子どもが二、三歳の頃です。お母様は夕食の仕度をするのに台所で忙しく立ち働いています。子どもは、まだまだ遊んでほしくてお母様にまとわりついてきます。

 そこにちょうどいいテレビ番組。お母様は子どもをテレビの前に座らせ、チャンネルをひねります。ありがたいことに、テレビがその間、子どものお相手をしてくれることになったのです。こうして毎日お母様は、テレビに子どもをかじりつけにさせる訓練をしていた――このようにいったらいい過ぎでしょうか。

 私は、子どもにテレビを見させてはいけないといっているのではありません。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1852文字/本文:2117文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次