読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1258511
0
子どもの心を伸ばすのはお母さん
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
長年続けていたピアノをやめたいという

『子どもの心を伸ばすのはお母さん』
[著]山路鎮子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


  “強制”はよい結果を招かない――


 結論を先にいいますと、お子さんがいまちょっとやめたいと訴えているのなら、むしろ休ませてあげたほうがいいと思います。そんなに無理をしなくても、ほんとうにやりたいものなら、また少したてば始めたいというでしょう。しかし、次のような場合は別です。

 例えば、三歳からピアノを習ったとしましょう。最初はピアノが好きじゃなかったけれど、お母様もいっしょにレッスンについてきてくれて楽しくなった。しかし、そういつまでもお母様は付き合ってくれません。そのうち一人で通うようになると、だんだん譜面が難しくなってきた。なんとなく苦痛になってきたところへ、バレエを習っているお友達と親しくなります。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2275文字/本文:2581文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次