読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1258848
0
幕末維新なるほど人物事典
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
50 陸奥宗光 明治外交界のスター

『幕末維新なるほど人物事典』
[著]泉秀樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

一八四四〜九七 



 陸奥宗光(むつむねみつ)は紀州藩の寺社・勘定奉行の子として生まれ幼名を牛麿、のちに陽之助と称した。父・宗広は八百石取りの重役で経済官僚として紀州藩の財政立て直しに大きな役割を果した。宗光はこの後妻の子で家庭的にはめぐまれない幼少時代を過し十四歳の春に家出して江戸に出て儒者・安井息軒の門人になった。このころはまだ体が丈夫でなかったため武術よりも学問を選んだのだ。宗光は門人中最年少だったが議論、討論となると鋭く論断を下して負けることがなかったという。

 十六歳くらいから女遊びをおぼえて家庭教師、筆耕などで稼いだ金はすべて吉原につぎこんだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1433文字/本文:1711文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次