読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1259251
0
歴史人物・とっておきのウラ話
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
コラム【そのとき京の都では……】篇 なぜ宇治の茶が全国一になったのか?

『歴史人物・とっておきのウラ話』
[著]泉秀樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 京都の名産の一つにお茶がある。

 茶の原産地は中国・雲南省であるが建久二年(一一九一)に僧・栄西が茶の種子を持ち帰って栂尾(とがのお)・高山寺の明恵がそれを蒔いて全国に広めた。

 最高の茶の産地は栂尾であるとされてきたが室町期に入ると宇治の茶が栂尾の茶を追い抜いて最上位の茶の産地として認められるようになった。

 なぜ宇治の茶は栂尾の茶に(まさ)ったのか。

 新しい製茶技術に負うところも大きいが宇治の茶はたっぷりと栄養を吸いとっていたからである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:856文字/本文:1078文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次