読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1259264
0
歴史人物・とっておきのウラ話
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「逃げの小五郎」だから幕末維新をしぶとく生きられた!

『歴史人物・とっておきのウラ話』
[著]泉秀樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 木戸孝允(桂小五郎)。

 長州に生まれて吉田松陰の松下村塾に学び江戸に出て剣を斎藤弥九郎に学んだ幕末維新の志士たちのスターである。

 文久二年(一八六二)に京都へ出て志士や公たちと交わり長州藩の大勢を尊攘から倒幕へ傾けさせるのに功績があった。ために常に身辺をねらわれていたが一度も剣を抜くことなく明治維新を迎えた。抜いても勝てないのではなく剣を抜く状況になる前にサッサと逃げてしまうからである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:844文字/本文:1040文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次