読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1260348
0
「為政三部書」講義
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
二 就任にあたって

『「為政三部書」講義』
[著]守屋洋 [発行]PHP研究所


読了目安時間:13分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 十分な準備をしてから赴任すべし

 地方長官として任地に赴くさいには、あらかじめ、

 一、地域住民の生活程度はどれくらいか

 二、下級役人の勤務態度はどうか

 三、前任者はどの程度の治績をあげたか

 四、勢力をもった豪族がいるかどうか

 五、住民からどれくらいの訴訟が出されているか

 など、できるだけ調べておかなければならない。

 さて、いよいよ任地に向かったならば、任地に入るてまえで、現地の担当官を呼び寄せ、つぶさに現地の情況を聴取してこれを書きとめ、施政の参考としなければならない。

 このような準備もなしに着任したら、どうなるか。

 多分、訴えを裁くときには、大勢の関係者がつめかけてくるにちがいない。そんななかで一言でもまちがった判断を下せば、たちまち領内の笑いものにされるだろう。それでなくても、人民の心というものは変わりやすい。肝心なのは最初である。最初に、人民の心を納得させることができなければ、後でどんな立派な仕事をしたとしても、容易に信頼をとりもどすことができないのだ。

 むずかしい訴えで裁きに窮したならば、翌日に裁きを延期してもよいではないか。最初に、自信もないのに軽率な判断を下して、人民を失望させるようなことは、絶対につつしまなければならない。


 ソノ境ニ入ル(コロ)(ミンバク)ノ軽重、吏弊ノ深浅、前官ノ良否、強宗ノ有無、控訴ノ人多キト(スクナ)キト、ミナスベカラク心ヲ尽クシ詢訪スベキナリ。至ラバ則チ遠居数舎ニシテ、コレヲ(ツカサド)ル者ヲ(マネ)キ、ソノ詳ヲ語ラセ、ソノ概ヲ(シル)シ、先ズソノ情ヲ得テ、車ヲ下リルノ日、参考シテ以ッテ断ズ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5397文字/本文:6080文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次