読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1260441
0
中国英傑に学ぶ 男の後半生
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
蘇 秦――ああ、貧窮なれば父母も子とせず

『中国英傑に学ぶ 男の後半生』
[著]守屋洋 [発行]PHP研究所


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

舌先三寸
合従連衡(がつしようれんこう)」ということばも、政局の流動化とともに、すっかりお馴染(なじ)みになった感がある。もともとは、中国の戦国時代に展開された外交戦略から生まれたことばである。

 中国の戦国時代は、前二二一年、(しん)()皇帝による全土の統一によって終止符が打たれるのであるが、それまでの百八十年間、秦をはじめとする七つの雄国が生き残りの競争に(しのぎ)を削った。

 そういうなかから生まれてきたのが、「合従連衡」という戦略である。
「合従」とは、他の六カ国あるいは複数の国が連合して秦に対抗する戦略。いわば大企業に対する中小企業連合と言ってよい。これに対し「連衡」とは、他の六カ国がそれぞれに秦と手を結んで生き残りをはかる策である。

 戦国時代も後半にはいると、政治、軍事の面で秦の優位が際立ってくる。そんななかでこの二つの策が火花を散らし、殺伐たる戦国時代をはなやかに(いろど)った。

 このような策を引っさげて各国のあいだを往来し、周旋の労をとったのが、「説客(ぜいかく)」または「遊説の士」と呼ばれた人々である。

 ここに紹介する蘇秦(そしん)もそんな「説客」の一人で、しかも「合従」策の大立者であった。
「説客」のほとんどが下層の出身であった。今までの厳しい身分制度のもとで、社会の下積みとしてくすぶっていた連中である。それが人材流動化の時代を迎えるとともに、大挙して社会の表面におどり出てきて、政治への参加を求めはじめたのである。その数は少なくとも万をもって数えたかもしれない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3525文字/本文:4178文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次