読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1262400
0
透明人間になる方法
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
惑星間旅行の切り札になるか 人工冬眠

『透明人間になる方法』
[著]白石拓 [発行]PHP研究所


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 冬眠とは何か。おおよそのことは広く知られているが、具体的に生物がどういう状態になることをいうのだろうか。
『岩波生物学事典』によると「動物が生活活動をほとんど停止した状態で冬を過ごすこと」とある。シマリスなど冬眠する種類のリス(冬眠しないリスもいる)を例に取ると、春から秋の活動期に比べて、冬眠中は代謝量が三〇分の一から五〇分の一にまで低下する。

 バイタルサイン(生命徴候)でいえば、体温は通常の三七〜三九℃から冬眠中は二〜一〇℃に低下し、心拍数は毎分二〇〇〜三〇〇回から三〜五回に、呼吸数は毎分一〇〇〜二〇〇回から四〜六回へと激減する。こうして、生命活動をいちじるしく抑えて、えさのない冬を「眠って」やり過ごすのが冬眠である。

人工冬眠で惑星間旅行へ
「冬に眠る」と書くものの、冬眠は明らかに通常の睡眠とは異なり、どちらかというと仮死状態に近い(図1)。ただし、仮死状態というのは通常事故か何かで引き起こされるのに対して、冬眠は導入時も覚醒時も自発的なものである。



 研究者らの間では、一般に「体温が一〇℃以下に下がり、それが一日以上続いた後、自力で元の体温にもどる」(『冬眠の謎を解く』岩波新書、近藤宣昭(こんどうのりあき)著より)ことが冬眠の条件とされてきた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4338文字/本文:4868文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次