読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1262509
0
みんなとちがっていいんだよ
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第7章 自分の人生は自分で創れる

『みんなとちがっていいんだよ』
[著]ROLLY [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

迷ったときは自分史を()(かえ)


 (ぼく)が「すかんち」というバンドでデビューしたのは、二十六(さい)のとき。なので、デビューしてからもう、まる二十一年が過ぎた。

 これまで、順調なときもあれば、そうじゃないときもあった。目標を見失って、(かべ)にぶつかったときもあったよ。

 (かべ)にぶつかったり、道に迷ったりしたとき、(ぼく)は自分史を()(かえ)ることにしている。よく「過去を()(かえ)るのはよくない」と言う人がいるけど、(ぼく)はそうは思わないんだ。

 自分はどこの病院で、何グラムで生まれたのか。幼い(ころ)は何に喜び、何に悲しんだのか。

 家族との思い出、小学生のときにハマったアングラ映画、セミの()(がら)を見て感動したこと、ギターを()けるようになった喜び、初めてコンサートをやったときの興奮、独自のコミューンを築いてわが道を進んだ高校時代のこと、プロ・デビューが決まった瞬間(しゅんかん)のこと。

 そのときどきの自分は何を思っていたのか、何を栄養とし、どんな理想を(えが)いていたのか──。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2545文字/本文:3025文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次