読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1262747
0
だから、「断ること」を覚えなさい!
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
まえがき………「断り上手」になると人生がハッピーに

『だから、「断ること」を覚えなさい!』
[著]神岡真司 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 子供の頃を思い出してみてください。
「好き・嫌い」といった感情をはっきりと口に出して言っていたものです。
「嫌だ・うれしい・悲しい」なども同様です。

 しがらみも、屈託もなかったからだと言ってしまえばそれまでですが、実に大らかに対人関係を謳歌していたと言ってもいいでしょう。

 それに引き換え、いつのまにか、四方八方に気を使い、窮屈な思いで毎日を過ごしている大人になった現在はどうでしょう。

 人間関係をうまくやらなければという強迫観念ばかりが強くなり、本音を押し殺し、嫌いな相手とも笑顔で接し、嫌なことでも嫌とは言えず、心と裏腹な態度で相手のご機嫌取りに腐心する。

 得意先はもとより、自分の会社の上司、先輩、同僚、後輩、友人、恋人……等々。

 いつでもどこでも、誰に対してもイエス、イエスを繰り返して、「よい人」を演じ続けてきてはいませんか。

 ノーと言って断りたいのに、断れない。

 断ることで、相手の気分や感情を害したくない――。

 断ることで、取引がなくなったら恐ろしい――。

 断ることで、嫌われたら困ってしまう――。

 断ることで、敵対されたら嫌だ――。

 断ることで、リストラ対象になったら死活問題だ――。

 断ることで、仲間外れにされたら途方に暮れる――。

 こんな思いが頭の中で渦を巻いたまま、日々の人間関係にキリキリ舞いをしているというのなら、「ちょっと待った」と申し上げたいのです。

 断っても、相手を怒らせない断り方、断っても相手に嫌われない断り方というものがあるのです。
相手に悪感情を残すことなく、むしろ、よい人間関係を保つための断り方があるのですから、ぜひとも活用いただきたいのです。

 上手に断るというスキルを身につけておけば、もはや不審に思いながらも渋々うなずいてしまったり、不満を飲み込みながらも承諾してしまったり、安請け合いをしたばかりに期待を裏切り、かえって不興を買ってしまった――などという悲しい思いをすることもなくなります。

 自己嫌悪に悩まされ、ストレスに身も心もすり減らすといったこともなくなるでしょう。

 いや、むしろ、しっかりと意思表示を行って、なおかつ信頼される人物像として、相手に確固たるイメージを植えつけることさえできるようにもなるのです。
「断り上手」になることは「人生の達人」になる上での、最もベーシックなスキルを身につけた段階と言ってもいいのです。

 本書は、心理学のノウハウやテクニックをふんだんに盛り込み、すぐに使える実践的事例を豊富に揃えました。

 あなたの人生をハッピーに導くお手伝いができるものと著者は確信しています。最後まで楽しく読んでいただけたなら幸いです。

 
神岡真司 
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1103文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次