読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1263163
0
課長になれない人の特徴 今の上司には何が求められているのか
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
その13 報連相しかできない

『課長になれない人の特徴 今の上司には何が求められているのか』
[著]内山力 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

報連相からPQRへ

 自らがやっている仕事に関して、上司と話すのは日常のコミュニケーションです。ここにも残念キャリアの落とし穴、出世キャリアのコツが隠れています。このコミュニケーションは上司の指示どおり働いている時と、任されて仕事をしている時で対応が違います。

 まず、上司の指示どおり働いている時からいきましょう。ここではよく報連相(報告、連絡、相談)という言葉を使います。ホウレン草のようでゴロがいいこともあって、昔から「良い仕事のやり方」として言われてきました。ただこれは新人や見習い時代の話で、報連相ばかりやっていると、残念キャリアのままです。もう一歩踏み込みましょう。

 報告、連絡、相談(あまり3つの違いがわかりませんが)は現在、過去の仕事の話です。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2689文字/本文:3017文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次