読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1263356
0
涙のレシピ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
なぜ、あなたは泣けないのか?

『涙のレシピ』
[著]吉元由美 [発行]PHP研究所


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

自分に返れる時間のゆとりを見つけよう


 最近、泣いていないということが、あるとき私を不安にさせました。普通に考えれば、泣くようなことがなくていいことではないか、と思われるかもしれません。確かに、うれし涙や感激の涙以外は、何か涙を誘発する悲しいことなどがきっかけとなるのですから、平穏に過ごせているというのは喜ばしいことでしょう。でも、何かが違う。物足りないというと平たい言い方ですが、何か大切なものを置き忘れているような感がありました。

 子どもが小さかったりすると、ほぼ一日中つきっきりです。私のようにフリーランスの仕事をしながら子どもを幼稚園に通わせていると、仕事のできる時間は午後を少し過ぎるくらいまでと限られます。仕事が思うように進まないストレスで泣きたい気持ちになるのですが、泣いたって解決できることではないので、現実的な対処方法を考えるのです。涙は決して現実からかけ離れたものではないのに、ふっと私の生活の中に涙が入り込む隙間がないという感じがしています。

 日常生活を営んでいくというのは、大変なことです。毎日仕事をし、身の回りのことを片付けていく。そんなやるべきことを積み重ねていく持続力と忍耐は、どこかで感性を鈍感にしていくような気がします。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4304文字/本文:4831文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次