読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1263361
0
涙のレシピ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
泣ける自分になるために

『涙のレシピ』
[著]吉元由美 [発行]PHP研究所


読了目安時間:14分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

そのままの自分で恋愛しよう

『海を見ていた午後』というユーミンの歌があります。まだ荒井由実の頃の作品で、私は高校から大学にかけて、そして卒業してからもずっと聴いていました。その中に、「あのとき目の前で思いきり泣けたら、今頃二人ここで海を見ていたはず」(作詞・作曲/荒井由実)といったフレーズがあります。このフレーズは、きっと多くの人の心に引っかかったと思います。もう二十年以上前の歌ですが、永く聴かれていることを考えても、ここには恋における普遍的な何かが描かれているようです。

 恋人は、私たちにとって特別な存在です。その人といるといちばん好きな自分でいられる。そこに、男と女が心を許し合い、お互いを特別な存在として愛し合う関係の意味があります。性的な欲望を満たすための関係ではありません。そこには精神的な交歓があり、本人たちにしかわからない空気感があるのです。愛する人が、自分を愛してくれている。息が触れ合う場所にいる。その喜びは、心を満たしていきます。性的な喜びも、精神的な喜びが高じて感覚化されたものではないかと思うのです。

 ですから、恋人には自分のすべてを知ってほしいと思うのが自然だし、受けとめてほしいと願うのも無理のないことです。こちらとしても、相手のすべてを知りたい。それこそ気持ちが盛り上がっているときは、今この瞬間、彼が何をしているのかということさえ知りたいと思う。恋は、内面に隠し持っていたエゴをむき出しにします。

 しかし、恋人の前で自分をさらけ出せる人がいる一方で、逆にうまく自分を出せない人もいます。もっと優しくしたいのに、できない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5951文字/本文:6628文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次