読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1263365
0
涙のレシピ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
泣いているあの人にしてあげられること

『涙のレシピ』
[著]吉元由美 [発行]PHP研究所


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

まずは、自分の心をオープンにしよう


 自分の涙を受け入れること――それは、自分自身を受け入れることです。悲しんでいる自分や弱い自分、悔しがっている自分も自分の一部であることを認めたとき、人は少し強くなれるのだと思います。少し矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、「泣いてはいけない」「強くあらねばならない」と自分に負荷をかけ続けていると、どこかで心はもろくなっていくように思います。それは心の“金属疲労”。負荷をかけていった心はやがて柔軟性を失い、持続することはおろか、あっけなく壊れかねないのです。涙は、どんな自分も自分として、受け入れるきっかけになるのです。

 それでは、泣いている人の涙を前にして、私たちには何ができるのでしょうか。涙の原因にもよりますが、先に述べたように、男性は女性に泣かれることに戸惑いを覚えがちです。原因を直接自分が作ったわけではないのに、「泣かせてしまった」という図式ができあがってしまうのでしょうか。

 もちろん立場によって違うと思います。恋人同士か、友達同士か。恋人の前で素直に泣けることは大切なことです。ふたりのことについて「悲しかった」「淋しかった」と素直に表せる関係は、恋人や夫婦の理想的な形だと思います。

 斜に構えて男と女を見たら、少々秘密めいていたほうが素敵だったり、かけひきがあったほうがどきどきしたりと、いろいろあります。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4598文字/本文:5183文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次