読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1263649
0
禅と脳 大脳生理学と宇宙物理学から「さとり」を科学する
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
著者紹介

『禅と脳 大脳生理学と宇宙物理学から「さとり」を科学する』
[著]中山正和 [発行]PHP研究所


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

中山正和 なかやままさかず



 禅はいまヨーロッパ・アメリカで真面目に研究され出している。科学の「発見」の根源にあるものは禅の「悟り」と同じ構造の心の働きではないか、ということである。これは本当は当り前のことなので、科学も禅も、『問題の徹底的解決』に取り組むのであるから、その取り組み方は同じであるべきなのである。


 科学が禅の方に入ってきたのに禅は科学の思考法を拒否しているように見えるのは甚だ残念であると思う。


一九一三年広島市生まれ。北海道帝国大学理学部卒業。応召、関東軍科学部研究員。引揚後、日本電信電話公社、電気通信研究所調査役、日本楽器製造企画室次長を経て、現在想像工学研究所社長。著書に「カンの構造」「NM法のすべて」「工学禅」「洞察力」「親と子の創造性開発」ほか。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:-13文字/本文:323文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次