読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1264097
0
9タイプ・コーチング
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『9タイプ・コーチング』
[著]安村明史 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 本書は、国内では三菱電機ビジネスシステム、海外ではCIA(アメリカ中央情報局)やモトローラなど多くの一流企業がリーダー向けの企業研修に導入しているプログラムについて解説した、国内で初めての本です。


 過去、私は人間関係に悩んでいました。そしてとても人に嫌われていました。自分が皆から嫌われていることを知らされたのは、小学六年生の担任の先生からでした。アンケートを取った結果クラス内で二番目に嫌われている、と知らされたのです(当時の文部省の指導で、好かれている子、嫌われている子のアンケートを取ったようです)。


 また、学校や組織になじめず、いじめを何度も経験した人間でした。中学校では同級生から宇宙人と呼ばれ、口をきいてもらえないこともありました。高校に入ると先輩からいじめを受け、後輩からはカリメロとあだ名をつけられ、軽蔑されていました。人間的に問題の多い学生のようでした。


 その後社会に出、営業の仕事に就きました。やはり組織になじめず友人もできませんでした。他者と良い関係をつくることが苦手でした。長い間、自分が嫌いだったのだと思います。他者を受け入れず、自分が受け入れてもらえないと感じ、人間関係に長い間苦しみ続けました。


 どうしてこんな人生を生きているのか、どんな仕事についても哀しい、などとぼんやりと悩み続けている時にコーチングに出会いました。前職であったリクルート系のコンサルティングファームで、コーチングの研究担当になったのです。コーチングには自分を型にはめることなく、自分が自分らしく認められ、承認され、成長を温かくサポートしてくれる世界がありました。コーチングが私の人生を大きく変えました。コーチングすること、コーチングを教えることが好きになれました。自分と他者との関係を良い形で再構築できました。


 その後さらに、中小企業診断士の方たちとエニアグラムを学習する機会に恵まれ、自分が社会性の低い、エキセントリックな気質を持って生まれてきたことを知りました。他者を排除する性質、他者を受け入れにくいタイプ4という気質であることが、やっと理解できました。現実を現実として意識して受け止めることが課題であり、他者に共感し自分を受容すること、他者を温かい心で受け入れることの大切さを学びました。さらに自分との関係を深く再構築できました。


 突然大きな話になって恐縮ですが、現代の日本は、めまぐるしい変化にどんどん疲労感が溜まってきているように思えます。少子化、ニートの問題は、日本人の根源的な生命力が枯渇して来た現象ではないでしょうか? 時代に押し流されるような無力感、無能感、何をやっても無駄じゃないのかと思い、主体性を失ったあいまいな空気があります。自分達が持っている生命のエネルギーが信じられなくなってきているのだと感じます。かつて自分が、自分の気質が理解できず、人との関係をどうとれば良いのかに悩み、さまよい続けている、自分を信じる力を失くしていたことに何かつながっている気がします。


 私は思います。今の日本は、社会、組織、家族、人との関係、特に自分自身との関係、人間と組織との関係、全ての関係を根底の部分で再構築すべき時が来ていると思います。このまま、アメリカやアジアや、リストラや、教育のゆがみなどに流されて、放縦に任せてはいけない。私達が私達らしく、胸を張って生きていく強さ、それぞれの大切な守るべきものを守る人間力を復活させなければならないと考えます。


 私は、コーチングとエニアグラムの知恵を得て、ある意味人生をやりなおすことが出来ました。自分と他者、自分と組織との関係の苦しみから解放されながら、今ここにいます。特に、人間の気質に焦点をあてたエニアグラムというツールにコーチングの技術を合体させたEC=エニアグラムコーチングは、個々の心の問題を解決し、個人と組織の活性化に著しい効果をもたらします。EC=エニアグラムコーチングは、閉塞的な日本の今を必ず変えると信じています。日本人の一人一人を幸福にする力を持っています。その内容は本書のなかで豊富な事例を通して紹介しました。


 私は、EC=エニアグラムコーチングで日本社会の明るい未来を創りたい、との想いを込めてこの本を書きました。と同時に、企業を牽引するリーダー、マネージャーの新しいマネージメントスキルとして、また企業人の一人一人の生命力を取り戻すことの助けとなれば幸甚です。

株式会社エニアグラムコーチング 取締役社長 安村明史




 この本の活用の仕方


 第1章から第4章までは、今多くの職場で起こっている上司・部下の問題を改善しようと研修に参加する、高橋課長の奮闘を描いたお話です。このなかではエニアグラムとコーチング、両者を合体させたエニアグラムコーチングについて解説しています。

 第5章に自分のタイプを判別する質問表と答え、また他者のタイプを判別する表をつけました。第6章以降はエニアグラムの各タイプについて、その特徴と見分け方、トラブルの対応方法を記述しています。自分の、または対象者の各タイプを判別し、各タイプについて説明した第6章以降をご覧になると、エニアグラムコーチング活用の理解が容易になります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:2140文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次