読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
100
kiji
0
0
1264109
0
9タイプ・コーチング
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第11章 タイプ6へのEC=エニアグラムコーチング

『9タイプ・コーチング』
[著]安村明史 [発行]PHP研究所


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

タイプ6の概観―― 忠実な人


 タイプ6をアニメキャラクターで表すと、サザエさんの夫、マスオさんです。マスオさんのプロフィールは、年齢二十八歳、大阪出身、早稲田大学卒、海山商事営業課勤務。趣昧はゴルフ(あまり上手くない)、麻雀、お酒、絵を描くこと、バイオリン(下手)、車(ぺーパードライバー)。性格は生真面目で不器用、お人好し過ぎて損をすることが多く、しかし、良き夫であり、良き父でもある。家族の潤滑油的存在であり、サザエをとっても美人だと思っている、交友関係はノリスケ(名コンビ)、穴子(会社の同僚)、だそうです(参考:フジテレビ・『サザエさん』ホームページ・プロフィール)

 巷で、マスオさん、と言えば「入り婿」の象徴のように受け取られています。しかし、入り婿は本人の望んでいることとは違い、どちらかと言えば、男として、一家の主、大黒柱として信頼、安心を勝ち得たい欲求を心の奥底に、強く秘めています

 マスオさんの性格として、「真面目で不器用、お人好し過ぎて、損をすることが多い」と記されていますが、確かにこのタイプはまじめで忠実、誠実で、協調性が高く、周りと衝突することを避ける傾向があります。マスオさんタイプは、仮に自分の欲求があっても最終的には他者の、特に目上の意見に従い、その意向に逆らわない人間に無意識になろうとします


 タイプ6の人は、常に心の奥底から不安、または怯え、恐れが湧いてきます。ネガティブな妄想がアタマに入り込み、何か悪いこと、まずいこと、叱責されること、取り返しがつかないことが起こってしまうような気がしてくるのです。根拠のないマイナスな妄想を持つタイプ6にとっては、自分の生きる環境が安心、安全であることがとても大切です。他者に、特に大きな組織や権力に守られていることを、無意識に求めてしまいます。さらに、常に危険に備えて自分を守ろうとする性質を持っています

 また、自己を承認する力、自己を信頼する力の弱さから、何か新しい変化を感じたとき、または自分や周りが変化せざるを得ないとき、対応に自信が持てず恐怖感が湧き、動きが止まります。前例やマニュアルがないと不安で前に進めないのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4909文字/本文:5816文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次