読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1264123
0
知らないと損する不思議な話
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第2部 一人さんが語る、成功法則の神髄

『知らないと損する不思議な話』
[著]斎藤一人 [発行]PHP研究所


読了目安時間:32分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

~本当の因果の話と、カルマの消し方、教えます~



 このお話は、


 一人さんが自身の愛弟子さんたちに向けてお話しされたときの、


 一人さんの言葉を


 なるべく忠実に書き起こしたものです。


 あなたに向かって、一人さんがお話ししていると想像しながら、


 楽しんでお読みください。



「成功法則の神髄」の話をしよう



 えーっとね、今から、しあわせになる話。


 オレはこれがホントのね、成功法則だと思ってるのね。


 ホントに、納税日本一になった人が語る、成功法則の神髄だと思ってるから。



 ただ、途中、オレが、ほら、神さまが好きだから、「神さま」とかっていう言葉を使うけど。


 まったく、宗教とか、そういうこととは関係ないからね。


 そのことを頭に入れて、聞いてください。



 それで、最初、成功法則じゃないように聞こえるけど、成功法則なの。


 ホントに楽しい成功法則だからね。


 段々、楽しくなるからね。聞いててね。


「前世も、あるんだよ」ってことで話するからね。信じられない人は、おとぎ話を聞いてるつもりで



 あのね、人間ってね、何度も、何度も生まれ変わるんだよ。


 これを言うと、信じられる人がだいたい半分いるのかな? まぁ、半分いるかいないか、だと思うんだよね。



 オレたちは、前世もある、今世もあるし、来世もあるんだよ。


 これを信じられる人はだいたい半分なんだよね。


 キリスト教圏ってのは、(りん)()というのは全然認めてないから、これは一〇〇%に近いぐらい信じる人がいなかったの。


 で、日本は仏教で、輪廻の話はずーっとしてんだよね。「何回も生まれ変わりがあるよ」って話をしてんだけど。


 信じられる人は、まぁ、だいたい半分かね。



 それでね。最近、アメリカやなんかでも、「退行催眠」といって、催眠術をかけて、「十歳のときの経験は?」とか、「五歳のときは?」とかって、過去に(さかのぼ)っていくと、前世のことを話しだす人がいっぱいでてきたんだよ。


 さらにそれを、追っかけ調査すると、ホントにそういう人が生きてた、ってことがわかってきちゃったから、アメリカみたいな、キリスト教の国でも、段々、段々、考え方が変わってきちゃったの。


 いや、アメリカってね、科学的に調べるところなの。


 立証して、立証するんだよね。


 生まれ変わりを立証する国が、段々、増えてきて、「これ、前世はあるぞ」って話になってきちゃったんだよね。


 だからって、全員に「信じろ」とかって話じゃないんだよ。


 それで、オレは「前世も、あるんだよ」ってことで話するからね。


 信じられない人は、おとぎ話を聞いてるようなつもりでいて。


やり残したことがあるから、何度も生まれ変わるんだ



 最近、ちっちゃい子やなんかで、前世を覚えてる子が生まれてきたりするんだよね。

「僕はどこどこの村の生まれで、何歳で死にました」とかって。


 実際に、そこに行くと、その村があって、そういう子がいて、「何歳で死んだ」とかって。


 で、生まれ変わった子が、そこに行くと、「ここは誰々のおじちゃんのウチだ」とかって言うんだよね。


 ホントにそうだったりするんだよね。


 それで、そんなことが、段々、段々、わかってきたときに。



 じゃ、人はなんで、何度も生まれるんだ?──ってことになるんだよね。



 それはね、人は、やり残したことがあるから生まれるんだ。


 何度も、何度も、生まれるのは、やり残したことがあるんだ。


 じゃ、そのやり残したことは何ですか?──って言ったとき、魂の成長なの。


 魂の成長のために、生まれ変わるんだよ。



 簡単に言うと、人間の魂、霊魂っていうのは、死なないんだよ。


 だって、最近、ウチがほら、浄霊やなんかするとさ、後ろに霊が出てきたり、しゃべったりするんだよ(浄霊はボランティアでやっておりましたが、本業が忙しくて今はやっておりません)。


 霊がいる、ということは、人は死なないんだよ。


 わかるかい?


 死んで終わりだったら、浮遊霊は出てこないんだよ。



 この前、生まれ変わりは信じないけど、幽霊は信じる、って言う人がいたんだけど、それってムチャなんだよ(笑)。


 幽霊がいる、ということ自体、霊魂不滅の話、してるんだよね(笑)。


 ただ、あの世に行かない霊がいる、という話で。


 わかるかな。


人間の魂は、因果を通して成長するようになってるんだよ



 それで、これから、成功法則の話になる。


 人間というのは、魂がどんどん、どんどん成長してくるんだけど。


 その成長は、どうやってするかっていうと、因果を通して成長するようになってんだよ。



 で、因果って何ですか? って。


 ま、「カルマ」っていうんだけど。


 このカルマっていうのは、悪いことをすると悪いことが起きるということ。

“いいこと”をすると、“いいこと”が起きる──それは、「ダルマ」というんだよ。


 悪いことをして、悪いことが起きるのが、カルマ。

“いいこと”をして“いいこと”が起きるのが、ダルマっていうんだよね。


 オッケーかい。



 それで、この因果を怖いものだ、って思ってる人がいるけど。


 因果って、怖くもなんともないんだよ。


 怖いものとして、金儲けに利用したヤツがいるんだよ。因果を商売にしてるヤツがいるんだよ。


 だけど、実際は、ちっとも怖い話ではないんだよ。


 いいかい。



 因果っていうのは、たとえば、私が恵美子さんの足を踏むよな。


 それで、踏んでるオレは痛くないんだよ。でも、踏まれた恵美子さんは痛いよな。


 だけど。


 オレがまた踏まれれば、痛いのはわかるよな。


 わかるかい?


 人間って、やったり、やられたりして、人の痛みがわかるようになるんだよな。


 オッケー?



 じゃ、因果は罰ですか?──っていうと、罰ではないんだよ。


 オレが、恵美子さんの足を三時間踏むとするんだよ。


 それと同じように、オレが三時間、踏まれるんなら、罰なんだよ。


 オッケーかい?


 だけど、魂の成長のために出てきてることだから、「オレも前世で人の足、踏んだんだな」ってことがわかれば、それで終わりなんだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:13397文字/本文:15848文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次