読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1264280
0
人生は与えた分だけ与えられる
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第三章 覚悟の志事へ

『人生は与えた分だけ与えられる』
[著]冨安徳久 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


すべてが終わったような気持ちでいたところ……


 翌日、いつもと変わらぬ一日が始まった。


 昨日のうちに、自らの集中力のなさが引き起こしたミスを店長に報告書として提出していた。大事には至らずにすんだこともあり、僕は報告書を提出したことで頭を切り替え、何事もなくすべてが終わったような気持ちでいた。


 一昨日の夜から重なるように葬儀の依頼が入ってきており、担当者となった先輩たちは、慌ただしく事務所や倉庫を動き回り、担当葬儀の段取りに追われていた。僕はそれらを手伝い、見送ったあと、倉庫内の後片づけに精を出していた。次なる準備のためだ。


 今朝の段取り準備に追われた慌ただしさが、ウソのように静まり返った倉庫の中で、僕はもくもくと倉庫内の整理整頓と在庫チェックをしていた。

 そこに、入社してからずっと厳しくも温かく指導してくれていた藤田先輩が現れた。日焼けの名残がある浅黒い顔と少し微笑(ほほえ)んだ口元から見える真っ白い歯がいつも爽やかだ。


 藤田先輩は憧れの存在だ。この人みたいになりたい、そんな思いに駆られた僕は、大学に行くためのさしたる目的がなかったこともあり、進学するというレールをあっさりと自分の人生から消し去ったのだ。

 それには、藤田先輩からの、
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2852文字/本文:3375文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次