読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1264450
0
30冊の本
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
聖なる予言

『30冊の本』
[著]山川紘矢 [著] 山川亜希子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

ジェームズ・レッドフィールド/角川書店、角川文庫

初版:一九九四年十月



『聖なる予言』は一九九四年三月以降、アメリカで最も話題になった本の一冊です。日本でも一九九四年から九五年にかけて、大評判になりました。これは著者ジェームズ・レッドフィールドが初めて書いた小説です。彼は自分の自己発見の過程を振り返って、それを九つの知恵にまとめました。そして著者自身と思われる小説の主人公がペルーで九つの知恵を一つひとつ発見し、悟ってゆくプロセスとして、冒険小説の形にして書きあげました。


 意識の変革の過程をフィクションの形で(あらわ)すことは当時としてはきわめて珍しく、アイディアに富んだ手法だったようです。精神世界にあまりなじみがない人にも読んでもらうために、サスペンスあり、ロマンスありの楽しんで読める冒険小説の形は、とてもよい方式でした。この作品の大成功の後、ジェームズはシリーズとして、『第十の予言』『第十一の予言』『第十二の予言』(二〇一一年十二月発売予定)を書いています。


 ジェームズ・レッドフィールドは本書を出版する前の二十年間、人類の霊的な成長や可能性について興味を持ち、探求してきました。大学院では社会学修士とカウンセリングの教育学修士を修了し、感情障害を持つ青少年のためのセラピストとして、十五年間働いていました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2800文字/本文:3360文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次