読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1264494
0
幸せを呼ぶ 「おせっかい」のススメ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
おせっかいのルール 5 「おせっかい」はアイデアの源

『幸せを呼ぶ 「おせっかい」のススメ』
[著]高橋恵 [発行]PHP研究所


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

16 遠慮を無視して思いついたアイデア



 おせっかいをしていると、よくいろいろなアイデアが浮かんできます。これは相手のために何かできないかを、四六時中考えているからです。中には周りに笑われるようなものもありますが、実際に役立ったものも多いのです。


 以前、女性用のカツラを販売する会社の社長と知り合いました。この社長は、「これから女性にも気軽にショートヘアやロングヘアを楽しめるファッションウィッグの時代が必ず来る」と考えて会社を興したのです。


 ところが予想に反して、思うように売れないとのこと。今では若い女性がヘアエクステンションをしたり、少し薄毛になった女性が気軽にヘアピースをつける時代になりましたが、当時は女性がカツラで変身するという考え方は一般的ではありませんでした。デパートでも販売されていましたが、人前でかぶってみるのは恥ずかしいという考えの女性が多かったのです。

「あなたなら、カツラをどのように売り込みますか?」


 社長から相談を受けました。


 とっさに訊かれてもすぐには思いつきません。しかし、きっと何か方法は見つかるはずと私は予感のようなものを感じました。

「カツラをいくつか貸していただけませんか?」

「もちろんいいですとも。売ってくれるなら、いくらでも持っていってください」


 私は車で持ち帰った一〇〇個の見本のカツラに囲まれて、カツラの販売方法について考えていました。店頭で売れない理由は、人前でかぶるのが恥ずかしいからというのはほぼ確かです。人のいないところでなら、必ず多くの女性はかぶってみるはず……。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3450文字/本文:4109文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次