読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1265188
0
人づきあいがうまくいく! 「見た目としぐさ」でホンネを見抜く心理学
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
03 女性の七〇%が自分の体のどこかに触る(手当て)癖がある!?

『人づきあいがうまくいく! 「見た目としぐさ」でホンネを見抜く心理学』
[著]渋谷昌三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ●「手当て」にはもうひとつの意味がある


 フランスの有名な皇帝ナポレオンは、片腕をチョッキの下に突っ込んだポーズで知られている。これはナポレオンらしい、気取ったポーズと考えられているが、その実、ナポレオンは胃が悪かったので、手でおなかを押さえていたとの説がある。あるいは、皮膚病を患っていたので、かゆいところを手でボリボリかきむしっていたとの説もある。これらの説を正しいとすると、ナポレオンは具合の悪いところに手を当てていたことになるわけだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:696文字/本文:917文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次