読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1265191
0
人づきあいがうまくいく! 「見た目としぐさ」でホンネを見抜く心理学
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
06 手の位置で相手を見る

『人づきあいがうまくいく! 「見た目としぐさ」でホンネを見抜く心理学』
[著]渋谷昌三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ●手で口、鼻の周辺を触る人


 口の周辺を触りながら話すというのは、自分の口から出る言葉に自信がない、あるいはウソをついているのでやましい気持ちがあるという証拠である。本当は口をしっかり押さえたいのだが、そこまでやるとあからさまで胡散臭(うさんくさ)いので、その周辺を触るのだ。

 口の周辺でもまだ「あからさま」と感じる人は、自分の鼻を触る。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:703文字/本文:872文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次