読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1265204
0
人づきあいがうまくいく! 「見た目としぐさ」でホンネを見抜く心理学
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
column 恋人同伴の友だちと一緒にいると気まずい理由

『人づきあいがうまくいく! 「見た目としぐさ」でホンネを見抜く心理学』
[著]渋谷昌三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 面識のない友だち同士の二人にはさまれて、注意力を必要とする単純作業をすると作業成績に影響が出るかどうかを調べたことがあります。

 例えば、面識のない友だち同士の間で作業すると、知り合いの友だち同士(つまり、三人とも知り合い同士になる)の場合より、作業量は多かったのですが、エラー数も多くなったのです。

 とくに、面識のない友だち同士と正面から向かい合って作業した場合、この傾向が著しく出たのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:326文字/本文:523文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次