読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1266012
0
世界の見方が変わる「陰謀の事件史」
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
チャーチルの非情な決断 コヴェントリー爆撃

『世界の見方が変わる「陰謀の事件史」』
[編著]グループSKIT [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


  第二次世界大戦において、連合国側と枢軸国側の両陣営は、市民を巻き込むこともいとわない都市部への爆撃を繰り返した。オートバイメーカーのトライアンフの本拠などがあったイギリスの産業都市コヴェントリーも、ナチス・ドイツの空爆による多大な被害を受けた都市のひとつである。1940年1114日、ドイツ空軍の「ムーン・ライト・ソナタ(月光の曲)作戦」が実行され、コヴェントリーに爆撃機が来襲。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:863文字/本文:1056文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次