読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1267158
0
人生で大切なことはすべて映画で学んだ
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
“ゆるみ人間”の必要性を教えてくれた映画

『人生で大切なことはすべて映画で学んだ』
[著]童門冬二 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


  『釣りバカ日誌イレブン』

   ――二〇〇〇年・日本映画

     監督/本木克英

  脚本――山田洋次、朝間義隆

  出演――西田敏行、三國連太郎、浅田美代子、村田雄浩、桜井幸子

  入手――DVD…○、ビデオ…○


 ぼくが日本の映画で楽しみにしているのは『男はつらいよ(寅さん)』と『釣りバカ日誌』のシリーズだ。これらは映画館で上映されたときに全部観たし、またその後ビデオテープになった分も全部買って持っている。『男はつらいよ』が最近DVDになったので、これも揃えた。すぐ前に書いた『頭上の敵機』におけるリーダーシップの取り方で、理性型と温情型のどっちを採るかを問題にしたが、そうではない“第三のタイプ”を発見したのが、『釣りバカ日誌イレブン』だ。“イレブン”としたのは、シリーズとしては十三作目だが、途中に“スペシャル”などが二本あるので、“レギュラー”は十一作目ということ。サッカーのW杯が二年後にあったので、“イレブン”としたのだろう。

 釣りキチのハマちゃん(鈴木建設の社員、浜崎伝助・西田敏行)が、めずらしくスーさん(鈴木建設の社長・三國連太郎)のお供をして沖縄に行く。ところが、沖縄には転勤して沖縄に住んで、小型の釣り船を持っているハマちゃんの後輩がいる。これが空港に迎えに来ていた。ハマちゃんはたちまちそっちのほうに気が散って、スーさんを放り出してしまう。後輩と二人で島に釣りに行く。ところが嵐が来て、釣り船が座礁する。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3305文字/本文:3919文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次