読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1267979
0
やさしい人 どんな心の持ち主か
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
プロローグ

『やさしい人 どんな心の持ち主か』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 やさしい人は、人とふれあって生きている

 やさしい人には、「これを食べると『頑張ろう』という気になる」ような食べ物がある。

 やさしい人には、「この歌を聴いたら、あー涙が出る」というような歌がある。

 あるいは、「この歌を聴いたら元気が出る、世の中、(つら)いのは自分だけじゃないんだと思えてくる」ような歌がある。

 やさしい人には、「思い出すと『人生は長くない、今日も頑張って働こう』」という場所がある。

 それは、人とふれあって生きているから。

 やさしい人は、ふれあうことでエネルギーが出る。

 やさしい人は、いっぱい涙を流す。

 ネコが死んでも、泣いている。

 やさしい人は、花に水をあげるときにも、「もし自分が花なら水を欲しいだろうな」と思って水をあげる。

 執着性格者のように義務で水をあげることはない。

 義務ですることは長くは続かない。

 執着性格者は、生真面目(きまじめ)で仕事熱心だけれど、一緒にいて安らぎがない。

 それは、幼少期の心の傷を水に流せないでいるから。

 何かを取り返そうと思っているから。

 取るに足らないことを悩んでいるから。

 そういう執着性格者に対して、やさしい人を、私は愛着性格者と呼びたい。

 愛着性格者は、一緒にいて心が安らぐ。
「今が今」だと感じて生きているから。

 愛着性格者は、執着性格者のように自分の許容範囲を超えることをしない。

 無理がないから、いつも心にゆとりがある。

 愛着性格者は、服をたたむのも「今日一日ありがとう」という気持ちでたたむ。

 愛着性格者には、信頼する人がいる。愛する人がいる。安心している。自分に自信がある。

 そして、それゆえに自分のエネルギーがある。

 これが生きる土台である。

 それにしても、今の日本、あまりにもやさしさがない。

 そして、あまりにもやさしさが(とうと)ばれない。

 今の日本に必要なのは石油ではなく、やさしさである。

 先に『不安のしずめ方』(PHP文庫)で、私は、公的生活では真面目が大切だが、私的生活ではやさしさが大切である(註1)と書いた。

 この本では、そのやさしさについて考えてみたい。

 

 人間性の核にあるのはやさしさ

 人は心に問題を抱えていれば、やさしくはなれない。

 その点で、やさしさを考えることは、人間の心とは何かを考えることでもある。

 私たちは「人間性、人間性」と騒ぐが、人間性の核にあるのがやさしさであろう。

 人間性とは、自分の内面を犠牲(ぎせい)にして過剰(かじよう)適応(てきおう)することではない。

 人間性とは、なによりもそれはやさしさである。

 そして、やさしさには、能動性、社会性、積極性、自主性などが(ともな)う。

 自分の内面を犠牲にしないで成長することのできた人は、自然とやさしさを身につけ、能動性、社会性、積極性、自主性などが同時に(そな)わるものである。

 これが私のいう愛着性格者である。

 この本では、その人間性の核にある「やさしさとは何か?」を考えた。

 そして、「人がやさしくなれない原因は何か?」「やさしい人になるためには何が必要か?」「そのやさしい人をどうして見つければいいのか?」などを考えた。

 やさしさとは何かを考えることは、やさしそうに見えるが、じつはやさしくはないということがあまりにもたくさんあるからである。

 やさしさについて、いろいろな誤解がある。

 私たちは「やさしい人」というとき、何を基準にしているだろうか?

 人は、「やさしさ」というと、「やさしい行為」を考える。

 しかし、やさしいかやさしくないかは、行動だけでは判断できない。
「やさしい人」というときの基準は「心」である。

 

 見返りを求めない心

 やさしい人に見える人が、必ずしもやさしい心を持っているわけではない。

 怪我(けが)をしたときに治療をしてくれる。

 やさしいようだが、利己主義者でも、損得を考えればその行為はできる。

 こうしたらきっとこんなふうに返ってくると思ってする「やさしい行為」は、「愛の賄賂(わいろ)」である。

 見返りを求めない心こそ「やさしい心」。


 一緒にいるだけで心が安らぐ人がいる。

 何をしてくれるわけではないが、(いや)される。それがほんとうにやさしい人である。

 そういう人は、自分の利益以外の何かのために苦労をしてきている人である。


 男を(だま)そうとして「やさしい行動」をする女はいっぱいいる。

 やさしい女に見えて生真面目な男を殺す。

 もちろん、女の騙しのテクニックに引っかかる男のほうにも心理的な問題がある。


 お腹が()いている。

 でも、ラーメンをあげる。

 疲れている。

 でも、席を譲る。
「わー、立派な人」と言われたい。

 行為はやさしく見えるが、心は()めてもらいたいという愛情飢餓感である。


 相手が「痛い!」と言う。

 すると、「私が悪かった」と言う。

 しかし、手を貸そうとしない。

 相手の痛みを治そうとする人は、「どうしたの? どこが痛いの?」と聞く。

 それがやさしさである。


 悪口を言わない。

 表面的にはやさしい。

 でも、残虐(ざんぎやく)な映画を好んで見ている。

 悪口を言わないからやさしいわけではない。


 年寄りをよく介護する看護師さんがいる。

 便までチェックする。

 やさしい看護師さんに見える。

 しかし、じつは便が好きなネクロフィラスな女性。

 すごい残虐性がある。

 自分の子供をレントゲン室に閉じこめて、お()けの音楽を聴かせているすごい女だった。

 でも、カブトムシなどをかわいがる。

 

 心が痛いとき

 いじめで自殺する子がいる。

 他の子はそれを見て知っている。

 でも、見て見ぬふりをしている。

 自殺した後で、そのやましさを隠すために、「言ってくれればよかったのに」と「やさしい子」を演じる。


 何事も、「えー、そうだったの?」ですませてしまう人がいる。
「へー、知らなかった」と「やさしい人」を演じるが、じつは「知っている」。

 知らないほうが都合がいいから「知らない」と言う。

 自殺する子のまわりには、そういう人が集まっている。

 日頃はやさしくても、問題が起きると逃げてしまう。


 妻の不倫で離婚会見をしたある俳優。

 妻の愛人を責めた。
「妻はひどい人につかまった、妻はかわいそうだ」とその男優は言う。
「妻の女優生命が危ない」「かわいそうだ」「子供のためだ」と言うばかりで、「私」という主語がない。
「彼女の女優生命を守るため」は、怒りの正当化。

 愛という合理化で、憎しみの感情を()き出している。

 テレビの司会者は、「やさしい人」と言った。私には、そう見えなかった。


 子供が病気になった。

 この病気を治そうと思うのがやさしさ。心配することがやさしさではない。

 しかし、多くの人はオーバーに心配をしている人をやさしい人と勘違いする。

「痛い、痛い」と言うときには、(うみ)を出さなければならない。

 痛くても膿を出すのが慈愛である。

 膿を出す人がやさしい人である。

 しかし、体が痛いときと違って心が痛いときに、本人は原因に気がついていない。

 だから、心の膿を出す人を「ひどい人」と憎む。

 

 「ごめんね」が言える人

 勇敢な人と、勇敢な行動をする人とは違う。

 精神分析家で社会思想家のフロムが言うように、勇敢な人と見えて想像力の欠如している人もいれば、虚栄心の強い人もいる。

 やさしい人とやさしい行動をする人についても同じ。

 何が本当のやさしさで、どれが(いつわ)りのやさしさかを判断するのは「心」である。


 貧乏な両親がいる。

 子供を不憫(ふびん)に思い、少ない食材でなるべく美味(おい)しく食事を作った。

 そして子供に、「ごめんねー、食べてねー」と言う。

 これがおふくろの味。

「ごめんねー」と言える人がやさしい人。

 やさしさは無心。
「ごめんねー」と「ありがとう」が言える人がやさしい人。
「ごめんねー」は素直さがなければ言えない。

 小さなことに感謝するのは難しい。

 心が満ち足りているから、小さなことに感謝する。


 やさしい恋人。

 恋人と喧嘩(けんか)をしても、事故に()わないかと相手の帰りの電車が気になる。

 後で電話をする。それがやさしさである。

「君、幸せ?」と聞かれる。

 そのとき、相手を安心させるために、不幸でも「幸せだよ」と言う。

 これがやさしさ。

 嘘なのに、それしか言えない関係もある。

 人から不幸と思われるのが(くや)しいから、「私は幸せ」と言う虚栄心の強い人もいる。


 人はやさしくなれれば、生きることは楽になる。

 でも、なかなかやさしくなれない。

 それは、やさしくなるためには、心の葛藤(かつとう)を解決しなければならないし、やさしい人と接しなければならないからである。

 それにはどうすればいいかをこの本では考えた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:3578文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次