読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1267989
0
やさしい人 どんな心の持ち主か
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
四、神経症的傾向の強い人の行動パターン

『やさしい人 どんな心の持ち主か』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 非現実的なほど高い期待をする

 神経症者は、「ありのままのあなた」を認めない。

 神経症者自身は、あなたに、こうあってほしいという存在であることを要求する。

 それは、非現実的な期待である。

 非現実的なほど高い期待のプレッシャーの中で育った人にとって、やさしさとは、現実の自分を認めてくれることである。

 小さいころから、周囲の人に不可能なことを要求されて、それを実現しなければ見捨てられるという恐怖感の中で育った人にとって、やさしい人というのは、ありのままの姿を見せても、それを許してくれる人である。

 神経症者は相手に不可能を要求する、とシーベリーは言う。

 つまり神経症的傾向の強い人は、「実際の相手」を認めないということである。

「やさしさとは、相手をそのまま、うけいれるということではなかろうか。

 その人といると、自分を大きく見せるために緊張することもない。

 自分が強く(すぐ)れていなくても、その人から見捨てられる恐れも感じない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3194文字/本文:3610文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次