読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1267992
0
やさしい人 どんな心の持ち主か
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
一、相手の心の傷を理解する

『やさしい人 どんな心の持ち主か』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 相手の性格、その場の状況を考える

 人を励ますときに大切なことは何か。

 まず、自分と相手との関係を知ることである。

 落ち込んでいる人を励ますのはやさしさと、だれでもが思う。

 しかし、落ち込んでいる人を励ますときには、いくつかの条件がある。

 失意の人に対して、やたらに思いやりのあるやさしい人を演じる人は、多くの場合、自己陶酔(とうすい)しているナルシシストにすぎない。

 相手を見ていない。

 落ち込んでいる人を励ますことは、インスタントラーメンのように、「ハイ、できました」というわけにはいかない。

 信頼関係があって、時間をかけて、じっくりと相手の心の傷を理解する必要がある。

 時間をかけるから相手を理解でき、そこで何をしたら励ませるかがわかる。

 たとえば、大の男が失意のときである。

 なんのプロセスも踏まないで、いきなり励まそうと思った女が、「何やっているのよ、男のくせに!」などと言ったら、男の心はどうなるか。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3390文字/本文:3796文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次