読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1268001
0
やさしい人 どんな心の持ち主か
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
二、自分のベストを引き出す人とつきあう

『やさしい人 どんな心の持ち主か』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 やさしい人の行為はさりげない

 講演会に行くときに主催者が切符の手配をしてくれる。

 主催者に、「新幹線は禁煙席で」と頼んでいるのに、「禁煙席はとっていない」と言われることがある。

 そういう講演会では、講師控え室で出てくるお茶はまずくて冷たい。

 そういう場合でも、「先生のような(えら)い方が」と言葉だけはものすごい。

 さらに、この講演会のために自分たちはどれほど努力したかという売り込みがすごい。

 やさしい人の行為はさりげない。


 ことさらに、「男女同権なんだから男性もお茶をいれるべきだ」と言う人がいる。

 外出から会社に帰ったとき、女性であれ男性であれ、黙ってテーブルにお茶を出して、「お疲れさま」と言われたとき、普通の人はやさしさを感じる。

 そのお茶が自分の望む温度であったときに、(こま)やかな気遣いに気持ちは安らぐ。

 お茶をいれる人が男か女かは関係ない。

 大切なのは男か女かではなく、「お茶をいれる人」に「やさしさ」があるかないかである。
「お茶をいれるのは女性であるべきだ」とか、「男性もいれるべきだ」とかいう議論には、お茶をいれるということの本質が忘れられている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4156文字/本文:4644文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次