読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1269297
0
表情、くせ、そぶりの心理学 しぐさで人の気持ちをつかむ技術
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
6 「気づかい」は、ちゃんと相手に伝わっているのか

『表情、くせ、そぶりの心理学 しぐさで人の気持ちをつかむ技術』
[著]渋谷昌三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 現代社会では誰もが、複雑な人間関係において、夫や父、上司、恋人など、さまざまな役割を果たしている。私たちはそのときどきの立場、役割を果たすために、相手によって少なからず言動を変えている。「変えている」という表現が妥当でなければ「調整している」とでも言おうか。

 人間関係においては、この「調整」が、いわゆる「気づかい」なのだろう。
「あの人は自分の上司だから」と、その人の前では言葉を改め、行動を慎む。「彼は自分の部下、後輩だから」面倒を見なくてはならないと思い、ときには叱責したり励ましたりする。部下と接するのと同じように上司と接したのでは、なんと礼儀知らずな人だと思われるし、逆であれば、あまりにも堅苦しく「この人は何か他意があるのではないか」と勘繰られてしまう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1382文字/本文:1715文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次