読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1269663
0
吉田松陰『孫子評註』を読む 日本「兵学研究」の集大成
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
巻首 『孫子』の読み方、『孫子』の構造

『吉田松陰『孫子評註』を読む 日本「兵学研究」の集大成』
[著]森田吉彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 巻首は本文に入る前、漢文にして百五十字程度で書かれた短い文章である。


 前半では『孫子』を読むにあたっての基本姿勢について、後半では『孫子』全体の構成について、それぞれ簡潔に論じられている。これは、(しよう)()(そん)(じゆく)での講読で、その最初に松陰が語ったことでもあろう。


 松陰はまず、『孫子』の構成がどうであるかには諸説あること、そして、孫子がいうばかりで実行をともなっていないという批判が昔からあることを指摘している。


 確かに、前漢の歴史家・()()(せん)は『史記』のなかで『孫子』は十三篇としており、後漢の歴史家・(はん)()の『(かん)(じよ)(げい)(もん)()には「呉孫子兵法八十二篇、図九巻」とあり、唐の歴史家・(ちよう)(しゆ)(せつ)は、十三篇が上巻で、ほかに中巻と下巻があるといっている。詩人として知られる唐の()(ぼく)などは、(そん)()の原書はもと数十万言だったが、()(そう)(そう)()(てい))が註解したときに余計な部分を削りその精神を書き残したと述べている。

『孫子』という書物が本来どのような内容であったのかも分からないようでは、読む価値などあるのだろうか、という疑問が湧くかも知れない。また、『史記』では「よく実行できるものが必ずしもよくいえるわけではないし、よくいえるものが必ずしもよく実行できるわけではない」との言葉が引かれ、孫子は兵法の思想家としては有名だが、実際の戦いにおいて優れていたかには疑問が呈されている。


 松陰はこうした見方に対して、一言、そんなことはいままでいい尽くされてきたことであって、だからといってまず孫子を(けな)してから読むなどという姿勢をとるべきではない、十三篇の書を読んでその真意を体得し、一番重要なところが(つか)めればそれで良い、と(はん)(ばく)している。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4330文字/本文:5162文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次