読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1270400
0
頭のいい子が育つパパの習慣
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
23 社会のルールや厳しさを教えよう

『頭のいい子が育つパパの習慣』
[著]清水克彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 子どもたちの通信簿からいつしか五段階評価が消え、「たいへんよい」「もうすこし」といった絶対評価に変わって物議を醸したことがある。

 運動会の徒競走でも、走った子どもたち全員で手をつないでゴールインさせたり、足の速さごとに走る組を分け、足の遅い子でも恥をかかないように配慮するといった小学校が増えたことも一部で問題となった。

 私はこうした学校教育は一種のまやかしにすぎないと考えている。成績が悪くても「もうすこしどりょくしましょう」。走るのが遅くてもみんなで同時にゴールイン。

 これでは、自分の位置がわからず、甘い評定で気をよくした子どもたちは、中学や高校になって初めて、自分が取り返しのつかない位置にいることに気づく。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1404文字/本文:1713文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次