読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1271115
0
いま、拠って立つべき“日本の精神” 武士道
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第一版の序文

『いま、拠って立つべき“日本の精神” 武士道』
[著]新渡戸稲造 [訳]岬龍一郎 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 十年ほど前、私がベルギーの著名な法学者ド・ラヴレー氏の家に招かれ、歓待をうけて数日を過ごしていたときのこと。ある日の散歩の途中で、宗教の話題が出た。
「日本の学校では宗教教育がない、とおっしゃるのですか」と、この尊敬すべき教授が尋ねられた。私が「ありません」と返事をすると、教授は驚いて、突然立ち止まり、ビックリするような声で再度問われた。
「宗教教育がない! それではあなたがたはどのようにして道徳教育を(さず)けるのですか」

 私はその質問に愕然(がくぜん)とし、すぐに答えることができなかった。なぜなら、私が子どものころに学んだ人の(みち)たる道徳の教えは、学校で習ったものではなかったからである。そこで、私の善悪や正義の観念を形成しているさまざまな要素を分析してみて初めて、そのような観念を吹き込んだものは武士道だったことに気づいたのである。

 この小著を著すにいたった直接の理由は、私の妻から、なぜこのような思想や道徳的習慣が日本でいきわたっているのか、という質問を何度も受けたからである。

 ド・ラヴレー氏や私の妻に、納得のいく答えをしようと考えているうちに、私は封建制と武士道がわからなくては、現在の日本の道徳観念はまるで封をした“巻物”と同じことだとわかったのである。そこで私の長い闘病期間を利用して、家庭内で交わした会話の中で得られたいくつかの回答を、ここで整理して読者に述べることにする。それらは主として封建制度がまだ盛んだった若い頃に、私が教えられ伝えられたことである。

 とはいえ、一方にはラフカディオ・ハーンとビュー・フレイザー夫人、あるいはアーネスト・サトウとチェンバレン教授が控える中で、日本のことを私が英語で書くということは、まことに気がひける思いがする。だが、ただ一つ、これらの有名な日本紹介者よりも私が有利なことは、彼らが日本にとって代理人もしくは弁護士の立場であるのに対して、私は被告人の立場を取ることができる点である。「もし私が彼らほどの言語の才能があれば、もっと雄弁に日本の立場を述べられるのだが」と思うことが何度もあった。しかし他国の言葉で語る者は、自分のいいたいことを理解してもらえるだけでも、感謝しなければならない。

 私は、この小論全体を通して、どんな論点についても、ヨーロッパの歴史や文学から、それに相当する例をあげて説明することにした。こうすることで、外国人の読者により身近なものとして理解してもらえると思ったからである。

 したがって、万一、宗教上の問題や宗教家について、私の言い方が侮辱的だと受け取られることがあったとしても、キリスト教そのものに対する私の態度が疑われることはないと信じている。私があまり共感できないのは、教会のやり方や、キリスト教の教えをあいまいにしている伝道の方法や諸形式であって、教えそのものに対してではないからである。

 私はキリストによって教えられ、『新約聖書』の中で伝えられた宗教を信仰し、同様にわが心に刻まれた律法を信じている。さらには神が、異邦人であれユダヤ人であれ、あるいはキリスト教徒のみならず異教徒でも、あらゆる民族や国民に対して、「旧約」と呼ばれている契約の書をつくりたもうたと信じている。だが私の神学については、これ以上、読者に忍耐を()いる必要もないだろう。

 この序文を結ぶにあたって、数多くの有益な助言を与えてくれた友人のアンナ・C・ハーツホーン女史に、心から謝意を表したい。

一八九九年 十二月
ペンシルバニア州マルヴァーンにて
新渡戸稲造
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1466文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次