読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1271118
0
いま、拠って立つべき“日本の精神” 武士道
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第一章 武士道とはなにか

『いま、拠って立つべき“日本の精神” 武士道』
[著]新渡戸稲造 [訳]岬龍一郎 [発行]PHP研究所


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆高き身分の者に伴う義務

 武士道は、日本の象徴である桜花とおなじように、日本の国土に咲く固有の(はな)である。それはわが国の歴史の標本室に保存されているような古めかしい道徳ではない。いまなお力と美の対象として、私たちの心の中に生きている。たとえ具体的な形はとらなくとも道徳的な(かお)りをまわりに(ただよ)わせ、私たちをいまなお惹きつけ、強い影響下にあることを教えてくれる。

 武士道を生み、そして育てた社会的状態が失われてからすでに久しいが、あの遥かな遠い星が、かつて存在し、いまでも地上に光を降り注いでいるように、封建制の所産である武士道の光は、その母体である封建制度よりも長く生き延びて、この国の人の(みち)のありようを照らしつづけているのだ。

 バーク(英国の政治家)は、武士道のヨーロッパにおける原型である騎士道の、すでに(かえり)みられることのない(ひつぎ)に、感動的な賛辞をあたえたが、いま私は彼の国の言葉をもって、この問題を考察することに、大いなる喜びを感じている。

 あのジョージ・ミラー博士(アイルランドの歴史家)のような博学な学者ですら、極東における悲しむべき情報の欠如から、東洋には古代にも近代にも騎士道やそれに類する制度はいっさい存在したことがないなどと断言したが(注一)、このような無知は許されるべきであろう。なぜなら、博士の著作の第三版が出たのは、ペリー提督がわが国の鎖国の門を開いたのと同じ年だったからである。

 それから十年以上たって、わが国の封建制が末期の苦しみにあえいでいたころ、カール・マルクスは『資本論』を書き、封建制の社会的政治的諸制度を研究することの特殊な利点を指摘していた。そして当時、封建制の()きた形は日本においてのみ見られると述べて、読者の注意を呼び起こした。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4060文字/本文:4821文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次