読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1271122
0
いま、拠って立つべき“日本の精神” 武士道
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第五章 仁 ―― 慈悲の心

『いま、拠って立つべき“日本の精神” 武士道』
[著]新渡戸稲造 [訳]岬龍一郎 [発行]PHP研究所


読了目安時間:13分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆「仁」が王者の徳といわれるのは何故か

 愛、寛容、他者への情愛、哀れみの心、すなわち「仁」は、常に至高の徳として、人間の魂がもつあらゆる性質の中で、もっとも気高きものとして認められてきた。それは二重の意味で「王者の徳」とされている。なぜなら、それ自体が多くの徳目の中でもとくに光り輝く徳であり、偉大なる王者にこそふさわしい徳であるからである。

 私たちはシェークスピアが登場しなくとも、「慈悲は王冠よりすぐれた君主である」とか、「慈悲は笏杖(しやくじよう)をもった王の統治よりすぐれている」といった言葉の意味を感じてはいたが、世界中の人々にあまねく知らしめるためには、彼のこのレトリックを必要としたのである。孔子や孟子も、民を治める者が必ず持たねばならない最高の徳として、この「仁」を幾度となく説いている。
孔子がいう。
「君子はまず徳を慎しむ。徳あればここに人あり、人あればここに()あり、土あればここに財あり、財あればここに用あり。徳は(もと)なり、財は(すえ)なり」

 さらにいう。
(かみ)仁を好みて、(しも)義を好まざる者はあらざるなり」と。

 孔子につづく孟子も、いう。
「不仁にして国を得る者はこれあらんも、不仁にして天下を得る者は(いま)だこれあらざるなり」

 そしてさらに、「天下心服せずして王たる者は未だこれあらざるなり」と。

 二人とも天下を治める者の不可欠な条件として、この仁の徳を説き、「ゆえに仁は(じん)なり」と定義した。仁がなければ人ではない、と。

 おうおうにして封建制は武断政治に陥りやすいが、その体制のもとでも最悪の専制政治から人民が救われたのは、この「仁」の精神があったからである。統治される側が「生命と肉体」とを無条件でささげるとき、そこには統治者の強力な意志だけが残る。そして、その必然的結果として、専制政治は絶対主義をもたらす。ヨーロッパ人はこれをしばしば「東洋的専制」と呼んだ。まるで西洋史には一人の専制君主もいなかったように!

 私はいかなる種類の専制政治をも断じて支持するものではない。だが、封建制と専制政治を同一視するのは間違いである。フリードリヒ大王(プロイセンの王)が「王は国家の第一の召使いである」と記したとき、法律学者たちは、自由の発達が新しい時代をもたらしたのだと、正しく評した。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5186文字/本文:6155文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次