読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1271130
0
いま、拠って立つべき“日本の精神” 武士道
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第十三章 刀 ―― 武士の魂

『いま、拠って立つべき“日本の精神” 武士道』
[著]新渡戸稲造 [訳]岬龍一郎 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆魂と武勇の象徴としての刀

 武士道にとって刀は魂と武勇の象徴であった。マホメットは「剣は天国の鍵でもあれば、地獄の鍵でもある」と宣言したが、その言葉は日本人の感情の反映にすぎなかった。

 サムライの子は、ごく幼いころから刀を振ることを習った。五歳になると武士の正装を身につけさせられ、碁盤の上に立たされて、それまで遊んでいた玩具のかわりに本物の刀を腰に差すことを許された。これによりサムライの仲間入りを認められたのだ。その日はその子の忘れられぬ記念日となった。

 この「武門の入り」の儀式がとり行われた後は、その子はサムライのしるしである刀を(たずさ)えることなく屋敷の外へ出かけることはなかった。だが普段は、そのほとんどを銀塗りの木刀で代用した。ほどなくその子は、鈍刀とはいえ本物の刀を差すようになる。偽刀は捨てられ、新しく得た刀よりも鋭い喜びを表し、外へ出て、木や石を相手にその切れ味を試すようになるのだった。

 十五歳で元服し、独り立ちの行動を許されると、彼はいまやどんな働きにも耐えうる鋭利な刀を所持することに誇りを覚えた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2399文字/本文:2863文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次