読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1271135
0
いま、拠って立つべき“日本の精神” 武士道
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
解説

『いま、拠って立つべき“日本の精神” 武士道』
[著]新渡戸稲造 [訳]岬龍一郎 [発行]PHP研究所


読了目安時間:22分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

●武士道を体系化した唯一の思想書

 武士道というと、多くの人は、キリスト教における『聖書』、儒教における『論語』、あるいはイスラム教における『コーラン』といったように、特別な書物があるように思われているが、本文にも記されている通り、「これぞ武士道」として成文化されたものがあるわけではない。

 武士道は、あくまでも日本の長い封建風土のなかで、武士のあるべき姿として自然発生的に培養され、そのつど時代に即応して研鑽(けんさん)され、やがては“武士の掟”となった不文不言の倫理道徳観であった。いうなれば武士道は、サムライがつくり、サムライによって育てられ、その育て上げた武士道がさらなるサムライを鍛え上げるといった、日本固有の修養精神だったといえる。

 武士道精神を述べたものには、江戸時代においても、山本常朝が著した有名な『葉隠(はがくれ)』をはじめ、山鹿素行の『山鹿語類』、井沢蟠龍の『武士訓』、さらには大道寺友山の『武道初心集』などいくつかの書物があるが、それらは武士の処世訓といったもので、武士道そのものを体系的に網羅してあるわけではない。また、ごく限られた範囲の中でしか読まれていなかったので、日本人全体の精神を表したものとはいえなかった。

 しかも、武士道論議が盛んになったのは、その主体である武士階級が消滅した明治時代になってからのことで、江戸期においてはそれほど声高に叫ばれていたわけではない。せいぜい著名な君主や特定の武士の遺訓といったものを“戒め”として口伝(くでん)したにすぎなかったのである。

 ところが、明治になって怒涛(どとう)のごとく西洋の新しい価値観が導入されはじめると、社会全体がことごとく文明開化の波に()まれて西洋化していった。その変わりゆく姿を見て、心ある人々が「日本人とはなにか」を問い直し、失われゆく日本人の伝統精神を振り返ったとき、改めて和魂としての「武士道」がもてはやされるようになったのである。それは、今日の日本が国際化とかグローバル化といわれ、あらためて世界の中の日本を考えたとき、オリジナルの国家意識や伝統精神を見直そうとするのと同じ発想だったといえる。

 では、今日、一般的に武士道といった場合、われわれは何をもって理論的支柱にしているのかといえば、この新渡戸稲造の『武士道』をもって一般には膾炙(かいしや)されているのである。なぜなら、この本こそ、武士道精神を体系的かつ総括的に述べた唯一の思想書となっているからである。

●新渡戸『武士道』に惹かれた理由

 じつのところ戦後生まれの私が、武士道なるものに興味をもったのも、この新渡戸稲造の『武士道』を読んでからのことである。もしこれが、江戸時代に書かれた封建制を支えるような忠君主義的なものであれば、歯牙(しが)にもかけなかったであろう。

 いや、それどころか四十歳ごろまでの私は、いまの若い人と同様に、武士道など封建的な“過去の遺物”としか見ていなかったのだ。もちろん言葉としての武士道は知ってはいたが、“全共闘世代”に属する私にとっては、マルクスやレーニン、キルケゴールやサルトルといった西洋哲学のほうが身近であり、江戸幕藩体制を支えた武士道など民主主義にはそぐわないものと勝手に見なしていたのである。

 ところが、そうした中にあって、戦後という言葉も遠くなり、日本が驚異的な速度で経済大国になるにしたがい、日本人がかつて持っていた「清廉」とか「栄辱(えいじよく)」とかいった生き方を忘れ、いつしか世界中から「エコノミック・アニマル」と(さげす)まれるようになっていた。そして、そのあげくバブルに踊り狂った無節操で倣慢な日本人を()のあたりにしたとき、(がら)にもなく、「本来の日本人はこんなはずではなかった」との思いを巡らせ、ふと手にしたのがこの『武士道』だったのである。

 新渡戸『武士道』を読んで、私は自分の浅学を恥じた。この本は、けっして古めかしい道徳を語っているわけでも、封建制度の因習を記したものでもなかった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:9249文字/本文:10909文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次