読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1271188
0
面白くて眠れなくなる数学
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ミステリアス・ナンバー12 数の歳時記(6)

『面白くて眠れなくなる数学』
[著]桜井進 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 天才数学者と神秘の数
12」の神秘に気づいた数学者ラマヌジャン。ラマヌジャン(一八八七〜一九二〇)は、インドが生んだ天才数学者です。「インドの魔術師」と呼ばれ、三十二年という短い生涯の中で、三二五四個の数学の公式を発見しました。

 人並みはずれた計算力の持ち主で、数学の歴史にその名を刻むまでになったインドの天才は、「12」の力と出会います。

 あるとき、ラマヌジャンを見出したケンブリッジ大学の数学者ハーディは病床のラマヌジャンに語ります。
「一七二九はつまらない数だ」

 病床のラマヌジャンは跳ね起き、「ハーディ先生、一七二九は大変面白い数です」と反論します。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1503文字/本文:1782文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次