読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1271395
0
相手に喜ばれる「電話の受け方・かけ方」 基本マナーからクレーム処理まで64のポイント
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
25 まちがった「ダイレクトイン」を受けたときこそ慎重に応対する

『相手に喜ばれる「電話の受け方・かけ方」 基本マナーからクレーム処理まで64のポイント』
[著]浦野啓子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


  お客様あっての「仕事」であることを忘れない

「ダイレクトイン」は、外部からの電話を目的の人に直接つなぐことができます。そのためダイレクトインでかかってきた電話を代理でとる場合は、誰に電話がかかってきているのかを確認したうえで受話器を取ります。

 ある印刷会社では、ベルが鳴っている席の人が外出しているときは、「はい、D社の橋本部長席、です」と、代理人が出るときの受け方をルール化しています。そのためかけ手は「K社の太田と申します」と名前を告げているあいだに、伝言をお願いするか、かけ直すかを判断することができます。
「ダイレクトイン」にはこのようなメリットがある半面、ベルが鳴って受話器を取ると、別の部署へのまちがい電話だったということもよく起こります。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1194文字/本文:1520文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次