読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1271407
0
相手に喜ばれる「電話の受け方・かけ方」 基本マナーからクレーム処理まで64のポイント
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
35 「重ねてもう一度、お詫びさせてください」と言って相手に気持ちを伝えよう

『相手に喜ばれる「電話の受け方・かけ方」 基本マナーからクレーム処理まで64のポイント』
[著]浦野啓子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


  トラブル後の最初の電話では、まず前回の不手際を詫びる


 仕事でトラブルが起こった日は、トラブルの大きさにかかわらず、誰もが憂うつになります。ほかの仕事が手につかないほどの大きなトラブルが起こったときは、その後、人間関係がこじれてしまった相手に、電話をするのはおっくうなものです。

 ところが、このようなときにかぎって、ほかの用件で確認をとったり、連絡を入れなくてはならない用事ができてしまうものです。

 しかし、相手も後味の悪い思いをしているはずですから、誠意をもって接すれば、怒りを再燃させることはありません。

 まず、「先日はご迷惑をおかけいたしました」と詫びたあとに、話を切り出します。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1227文字/本文:1521文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次